わたしが好きなコムデギャルソンの魅力

そもそもコムデギャルソンとはどんなブランドか?

川久保怜氏がデザイナーを務め日本の服飾ブランドとして日本、海外各地に店舗を構えます。社長には川久保氏をはじめとして、川久保氏の血縁者を含めて牽引しています。

あおの独特の個性とスケールの広大さで異色の注目を浴びてきたブランド「コムデギャルソン」フランス語で「少年のように」という意味であるといいます。

人々は川久保氏がデザインするファッションに驚き、時には賞賛を贈り、時に理解を示しながら今日まできています。川久保氏は東京生まれ、慶應義塾大学を卒業後にアパレルメーカー勤務、服飾デザイナーとしてのは学んでおらず、独学でデザインを行うことで知られています。

東京に生を受けた彼女は学生運動が活発であったという時代に慶應義塾大学を卒業、母校の教育理念の影響もあってのことか、川久保氏はときどき、反骨精神を口にする。寡黙で多くは熱弁せず、自らの理解を求めようともしないスタンスが有名です。

河久保氏の基本姿勢は常に作品が全てを物語るという考えであり、現在でもコムデギャルソンのファッションは謎が多いものです。大所帯の会社を率いる川久保氏は元旭化成の社員であり、デザイナーや服飾教育の履修経験はないと堂々と発表しています。
一風変わったブランドであるというのに、コムデギャルソンは世界各地において200以上の直営店舗を持ち、1973年以降からCEOに就き会社を牽引しています。その川久保氏が1980年代から発表したパリコレクションのラインナップを少しご紹介すると、2000年春夏エンフォースメント、2001年春夏オプテイカルパワー、2002年春夏エスニッククチュール、2003年春夏エクストリームアンバランスメントというように、2017年代に至るまで毎年コレクションを発表してきています。

コムデギャルソンの魅力とはどこにあるのか?

とはいえコムデギャルソンのファッションは、これまでのファッション業界のコレクションを大きく覆されるものでした。まず、彼女が発表する作品の個性を分析すると、創造性こそ働いているものの、破壊や反骨というイメージを与え、色使いもダークカラーでまとわれています。

このようなデザインは彼女の内側から出てくるものとされ、最も素直なデザイナーとも揶揄されています。歴史的にはその昔、カラス族とも言われた川久保氏のスタイル。カラス族とは全身コーディネートを黒におさめたファッションで身を固める人のことを言いました。

ファッション業界にはより美しいものを根底にデザイナーが活躍されてきたはずですが、そこへ登場した川久保氏の作品たち。彼女の語る言葉はどこか哲学を秘めています。哲学というのはよく考えることでしか培われてきませんが、独自の哲学が言葉に秘められていることが感じられる上に、それは道理にもあっています。

彼女が送りだした作品のなかで、彼女だけが感じる美は実は本物であり、これまでに賞賛されてきたファッションが空想なのかもしれない。そんな幻想さえ感じさせる作品です。

人間には光と影がありますが、影の内面をうまく表現しているとも言えます。黒は海外ではシャネルにより発表されたリトル ブラック ドレスが有名ですが、黒は本来喪に服される色、ファッションではあまりお目見えする色ではなく、それも穴の大きく開いたデザインを発表し、広島だと揶揄されるようになりました。

例えば日本のファッションデザイナー山本耀司氏と比較した場合の違いは?

紳士服デザインを女性が着こなすことをテーマに掲げてデザインされたワイズの高級既製服は有名です。
1943年生まれの山本耀司氏が手がけるブランドの「ワイズ」。ワイズブランドの対象年齢は幅広く受け入れられているおり2000年代では自立した女性を対象にしたスーツライン「ワイズエクスクルーシブ」を発表しました。山本耀司氏は慶應義塾大学出身で文化服飾学院でデザインを修学しており、種々の賞を受賞している実力派でも知られています。

同時にコムデギャルソンの河久保氏とも戦友であるといいます。山本耀司デザイナーも多くの受賞歴があり1969年より日・装苑賞、日・遠藤賞、1994年より2000年にかけてフランス・芸術文化勲章、日・紫緩褒章、日本ブランド創造貢献企業表彰、英・ロイヤル・デザイナー・フォー・インダストリー。

1972年に設立後77年に東京コレクションに出展2008年中国、北京市において
もショーを展開、2011年にフランスでの芸術文化勲章最高位コマンデユール賞を賞与しています。

 

山本耀司氏は東京の洋裁店の出自であり、慶應義塾大学を卒業後に文化服装学院へと修学され、卒業時には装苑賞と遠藤賞の二つの章を受賞されたことを機にしてデザイナーの道へと進みます。

最も民間人にみじかなデザインは東京三菱銀行の社員の制服のデザイン、東海旅客鉄道の新制服のデザインで知られています。株式会社ヨウジヤマモトの事業主としては、アップダウンを繰り返し存続を果たされています。

ワイズではワイズフォーリビングという生活雑貨店も展開されています。
ベッドからソファーに至るまで、ウエア、小物類に至るまで、またギフト類とアウトレットショップも展開されており、高価格帯ながらも買い求めやすいお値段になります。フローリングで過ごす人が増えてきた昨今においては、ベットシーツやスリッパが人気のようです。

名古屋市に大型直営店も出店され、ヨウジヤマモトのアイテムが勢ぞろいします。

コムデギャルソンとのビジネス面での開きが見えたのは、周知の通りですが、既製服の出がけ方が丁寧すぎることで倒産の危機を招いたとも言われています。河久保氏がデザイナー以外にもいかにビジネスに長けていたかわかります。まさにコムデギャルソンの魅力というと、川久保氏の個性、ビジネスでの大所帯を牽引するカリスマ性も存分に大きいのではないかとも思われます。コムデギャルソンの店舗数はまさに川久保氏の挑戦する力、反骨精神から来ていると思われます。まるで男性的で競争の世界においては十分な能力だと思われます。

まとめ

パリコレクションというと、多くのデザイナーがコレクションを発表し終わると次のシーズンのコレクションに取り掛かり時間が足りないと叫ぶことでも有名ですが、コムデギャルソンは春夏秋冬こそ変化しても例年発表し続けています。

川久保氏ひとりとってもデザイナーとしての内なるエネルギーはデザイナーのアーティストとしての表現から齎せられるもののようです。
自尊、ぶれない、自立というキーワードが適している川久保氏のデザイン。

現在のブランドラインの一部にはコムデギャルソン メインライン ウイメンズ。コムデギャルソン シャツ。コムデギャルソン パルファム。コムデギャルソン オムなどを幅広く展開されています。デザイナーというよりは、芸術家に近いかもしれませんが本人は否定、あくまでもデザイナーです。本来黒は喪に服す色でしたが、ファッションに取り入れたことで一躍有名に、また大衆にも受け入れられたブランドです。

一般の女性のフォーマル服を良心的価格で発表し、店舗スタッフの教育も行き届いており、消費者に快適に買い物をさせてくれるコムデギャルソン。
ステーショナリー、ハンカチなどの小物類、靴、ワンピースと多岐に揃っており、1店舗で全て揃い、買い求めやすいことが大きな特徴です。