30代女性の私が憧れているジュエリーブランド、ショーメの市場価値とブランドの魅力

そもそも、ジュエリーブランド、ショーメとは?

フランス、高級宝石店協会にリストアップされている「ショーメ」の創業は1780年代と古く歴史上のおしゃれな逸話も残されています。ナポレオンの乗る馬がショーメの店の前で暴走、助けにでたショーメの主人に恩を返し、ナポレオンご贔屓のブランドとして現在に至っています。
協会に入るブランドは、メレリオ ディ メレー・モーブッサン・ブシュロン・ヴァンクリーフ アーペルそしてショーメの5ブランドで知られています。ヴァンドーム広場とペレー通りに立地しているジュエラーはThe big five=グランサンクとも揶揄されています。

Chaumet

ショーメの婚約指輪や結婚指輪の特徴

ショーメのマリッジリングは、シルバー、ゴールドから選べるということも選択肢の幅が広まります。シルバーには「トルサード、トルサードダイヤ一石、リアン ドウ ショーメ、プリュム、ジョゼフィーヌ、フィデリテ、クラシック」があります。
ゴールド、ピンクゴールドと選ぶこともできます。加齢してもシックで飽きのこないデザインが特徴です。

ショーメの魅力とは?

パリまで足を運ぶことなく日本国内の店舗で買い求められるショーメのマリッジリングの人気は意外にも若いカップルに及んでいるようです。カルティエ、テイファニーに引き続きショーメを対象にしたプロールドリフト現象が起きています。

プロールドリフトとは、貴族や富裕層の行動やファッションを真似ることですが、アウトレットや低所得者へのマーケティングはハイブランドにとってはブランドの価値を低下させる要因になることもあります。ショーメ自身は歴史のあるジュエリーブランドですが、とくにマリッジリングは末長く身につけるアイテムになるので価値が下がると嫌ですよね。その点ショーメなら安心です。

大正年齢が高いことも人気の秘密

ショーメのマリッジリングは40代以降が身につけると素敵に輝くデザインなのですが、マリッジリングにする日本人カップルも多いとか、若いうちから先見の明で選んでおくと得策かもしれませんね。
ショーメブランドのジュエリーには他には類をみないオーラが漂います。
昨今プロールドリフトという現象が若い女性の結婚指輪や婚約指輪において巻き起こっています。「ショーメ」の歴史は古く興味深い逸話が数々残されています。

ショーメブランドは他のブランドと何が違うのか?

フランスのブランド、カルティエ ブランドと比較

希少価値の高いプラチナを用いた指輪で日、本国内では大衆に人気のあるカルティエの結婚指輪は、数万円単位の低価格帯から高価格帯に至るまで揃います。

そもそも、カルティエとはフランスの宝石職人の技術により、ここまでプラチナの価値を高められてきたといえます。カルティエ氏が買い受けた工房を息子達に託して事業を展開されてきた今日です。カルティエの歴史とは一家族の歴史から始まっています。

カルティエの技術

カルティエの結婚指輪といえばプラチナ素材です。当時希少なプラチナ加工に着手した三代目のカルティエ氏。プラチナ加工の第一人者と言っても過言ではない技術力の高さが有名です。プラチナの加工は非常に難しく、精密な技術力が必要になります。最初に製作されたのは1903年のこと、ガーランドスタイルの典型を示す装飾品は大層美しく、宝石界にも一斉を風靡させました。

カルティエの現在

多くの上流階級や貴族に高い評価を受けてきたカルティエの技術、カルティエ氏一族の亡き後はリシュモンの傘下にあります。カルティエ氏一族が築き挙げたカルティエの歴史は高い評価を受け、今日に指輪として私たちも手にすることができます。カルティエの結婚指輪が選ばれる理由にはプラチナ加工の高さと発想力の賜物です。

カルティエとショーメの違い

両者ともマリッジリングを扱うフランスのハイジュエリーブランドですが、ショーメは創業からの歴史が古く、パリのグランサンクの中でも老舗に分類されています。
おそらくパリのヴァンドーム広場に店舗を一番に構えたブシュロンにつずいて歴史が古いとされています。
そのため、歴代の人物がご贔屓にされていた歴史もあり、カルティエはプラチナをテーマにしたジュエリーブランドでプラチナジュエリーとも言えます。ショーメとはグランサンクの影響もありながら、一線を引かれた存在になります。

国内ジュエリーブランド アーカーとの比較

AHKAH

ジュエリーブランド アーカーとは?
ジュエリーブランド アーカーは1997年日本人女性 福王寺朱美氏が設立したブランド。宝石商の家系に生を受け、アメリカにて宝石鑑定士を習得し、独自のブランドを立ち上げています。現在では創立者の娘により継承されているブランドです。
芸能人の愛好者たちをここでラインナップすると、ファッションモデルであるSHiHOさん。歌姫の浜崎あゆみさん、ほしのあきさん、柴崎コウさん、長澤まさみさん、深田恭子さん、などが愛用されています。

アーカーの今後の将来

アーカーは現在親族である彩野氏に継承されており、福王寺氏の肩書きは、株式会社tinkpink JAPAN代表取締社長、株式会社アーカー取締役となっています。
経歴は成城大学文芸学部芸術学科卒業、習得資格は博物館学芸員。
血縁者には祖父に福王寺法林氏、父親は日本画家の一彦氏。アーカーでのキャリアは学生時代から積んでおり、大学卒業を機にして自らのブランドtinkpinkとして母親が創業したアーカーの姉妹ブランドを創立しています。

アーカーのジュエリーデザインの評判

アーカーは正統派で遊び心のあるデザインが少ないというもの。さらに価格を調べてみました。バタフライは6万3千円。イニシャルペンダントは7万円前後、決して安くはないという印象です。価格にはデザイン、宝石のブランディングなども含まれているのではとみられています。アーカーが芸能人に普及している背景には、福王寺家が芸能関係者と顔が広いためではないかともささやかれています。モデルのしほさんとはコラボレーション企画を打ち出したりと、何かと派手な活躍の印象のブランドです。

アーカーとショーメの違いは?

アーカーは国内ブランド、ショーメはパリのブランドであること、アーカーは新進気鋭のブランドですがショーメは数百年続く老舗ブランドである事、もちろん価格帯、デザイン、宝石などもすべて違います。ショーメのリングにはストーリーがあります。またショーメのデザインも独特なのものです。

おすすめのショーメとは?

CHAUMET

ショーメといえば、リング。中でも若年層ならば昆虫の巣をイメージされた「ビーマイラブ」が似合うのでおすすめです。ビーはミツバチの意味です。ミツバチの巣をイメージされたリングです。
ナポレオンも御贔屓にしたというブランド ショーメの結婚指輪では、またテイアラの指輪は大変評版がよく「リアン ドウ ショーメ」というショーメらしい指輪も人気のようです。そのほかのラインでは、シルバーラインとゴールドラインから選ぶことが可能ですよ。

終わりに

グランサンクの歴史が古く、ショーメブランドの歴史も古いことはご説明の通りです。ゆびわにも一つずつストーリーがあります。ショーメの指輪は年配層に人気が高いのは、高級であるからという事由以外にも、パリのグランサンクの名がついて回る事が要因であるのだと思います。