女子必見!!読売巨人軍の試合観戦の魅力について

読売巨人軍とは
プロ野球を代表とする球団の一つである読売巨人軍は(以下、ジャイアンツ)1934年12月26日に大日本東京野球倶楽部として創立された歴史あるチームです。

球界を代表する偉人たちのほとんどがジャイアンツでの経験を得ているということもあり、プロ野球選手ならば一度は踏み入れてみたい球団といわれています。

・リーグ優勝経験は45回でプロ野球記録になっています。そのうち日本一の経験数は22回、これもプロ野球記録です。連続優勝記録を9年連続としこれもプロ野球記録になっています。
・監督の就任には、初代を除くと他球団OBが監督になっていない唯一の球団です。2リーグ制になってからは他球団での経験のないジャイアンツ一筋の人間が監督就任しています。
・ジャイアンツのホームグランドは、誰もが知っている東京ドームです。隣には東京ドームシティやラク―アといった商業施設もありとても盛んな地にあります。現在はは他球団の新設されたドームのほうが規模は大きくなりましたが、日本の敷地面積を表すのによくつかわれるほどの認知度があります。
・「巨人軍は常に紳士たれ」ということばをのこしてあるように、ジャイアンツの選手は社会人、そして日本人としての模範でなくてはならないとされています。ひげや茶髪、ピアスや入墨も禁止されていました。時代とともに軽度の茶髪やピアスは許されるようになったが、それでも紳士のイメージを崩さないような身形はいまだに伝統として残っています。

ジャイアンツの魅力について

選手層の厚さがどこの球団よりもある

時にはスタートメンバーほぼ全員が4番バッターを家件している時もあり、このような贅沢なメンバーの野球を観れるのはジャイアンツ以外のチームではありえません。

この贅沢さを実感できる一番の場所はファームといわれる2軍の練習や試合を見行くことです。本来ならば一軍に上がれる力を持っている選手がたくさんいます。他球団なら即レギュラー候補に入るような若手選手はもちろん、主力級のベテラン選手までいます。

選手層が厚いということはシビアな世界であるということが分かります。2軍で実力を出したって1軍にすぐに昇格できるわけではない環境であるのはみんな分かってて入団を希望するのです。

そんな選手の試合は白熱するに決まっています。選手の入れ替えも他の球団に比べて階数が多いのでそこも楽しめる魅力になっています。

選手層が厚いということは、イケメン選手が多数所属しています

プロ野球全体のイケメンランキングにも上位を占める選手は多数いますし、必ずトップ10には入っている選手もいます。

ジャイアンツを代表するイケメンといえばキャプテンの坂本選手や、選手会長の長野選手ですね。他にも人気選手は阿部選手や内海選手、小林選手、菅野選手と日本代表入りの経験がある選手ばかりでした。もちろん他にも若手選手がたくさんいますのでたっくさんのイケメン選手がいますよ!(ちなみに私のイケメン選手は亀井選手と宮國選手です。)

もちろん、昨年度から監督に就任されている高橋監督も現役時代から現在までたくさんのファンを持つ人気者の一人です。顔の好みは人それぞれですが・・・と言ったとしてもきっと好みの選手はいると思います。

野球を知らない人が好きになるきっかけは結局は顔ですよね?それでもいいと思います。

そこからジャイアンツのことが好きになって、野球が好きになって頂ければ。年々東京ドームにはG女と呼ばれるジャイアンツ女子が増えています。数年前まではこうなるとは想像もつきませんでした。うれしいですよね!

東京ドーム観戦の魅力

先ほども紹介しましたG女が増えたということで、東京ドームにはガールズシートという席があります。名前のとおり、女性専用の席です。先日初めてこの席で観戦してきました。女性に嬉しい特典がたくさんあり大満足でした。女性に知ってほしいお勧めの一番かもしれません。

まず入場前にチケットを提示するとオリジナルグッズがもらえます。

いざドームに入るとシートの座席にはピンク色のカバーがついていて座席の下には嬉しい鞄を入れるかごがついています。試合観戦の後にはグランドでの記念撮影ができるのが大きな特権ですね。

勝ちゲームだとヒーローインタビューに登壇した選手と全員で記念写真を撮ることができます。そのあとは自由にグランドで記念写真を撮ることができます。マウンドだったり、ベースだったり、さっきまで選手たちがプレーしていたグランドに入ることができるのはドキドキが止まりません。

みなさん好き好きに写真を撮っていましたが、一番多く見られたのはやっぱり芝生の上に寝そべって写真を撮る姿ですかね。夢ですよね。私たちもさっきまで坂本選手がプレーいていたショート付近で寝てきちゃいました。幸せでした。

短い時間でしたが聖地に降りたった気分は最高で、帰るのが嫌になるぐらいでした。このシートは毎日あるわけではありません。対象試合のみに設置にあるのでそこはご注意を!!観戦する座席の位置はレフト傍なので野球を見るにはちょっともの足らないかと思いますが、外野選手のファンの方は最高です!!また特典と値段から考えると大満足です。
他にも○○シートと呼ばれるものがたくさんあります。

  • レジェズシート(ジャイアンツOB選手の生解説付きで野球を観戦することができます)
  • YGシート(特典グッツが付いてきます)
  • エキサイトシート(選手のプレーする目線で観戦ができます。ネットがないので危険ですがマニアにはたまりません)

このほかにも家族で見れるシートなど多数あります。

団体観戦応援プラン

席だけではなく団体観戦応援プランもあります。一般団体プラン・野球チーム観戦プランユニホーム応援プラン・乾杯プラン・誕生日団体プラン・練習見学プランです。

このプランは12~15人以上の団体さんに嬉しい特典が付くプランです。オーロラビジョンにも映し出されることもあるので大勢での観戦に人気なプランになっています。

座席だけではなく○○デーといったイベントが随時開催されています

プレーヤーズデ―

人気選手にスポットを当て、各試合の対象選手の記念品がもらえます。(特別席のみ))や闘魂2017(選手や監督コーチがオレンジのユニフォームを着ます。また来場者にオレンジユニフォームを配布する試合もあります

みんなで○○

球場一帯で面白く観戦する日です。今年は4月にアフロ・6月にバブルということでセンス・オレンジ組としてはちまきを来場者にプレゼントがあります。

 

といった野球に興味がなくても楽しくなれるイベントがこのほかにもたくさん用意されています。もちろん女性に特化して、ガールズナイトデ―というイベントもあります。

このイベントでは来場者にはオレンジ色のベレー帽や入場ゲートをアロマでお出迎えしてもらえて、5回終了時には全員で記念撮影もあります。試合後は女性限定でグランドに降りて遊ぶことができるイベント内容になっています。イメージガールには有名芸能人が起用されるなどといった楽しめるコンテンツがたくさん用意されています。

最後に

東京ドームは野球が好きな人に来てもらう場所ではなく、老若男女問わず、野球のすす嫌いにもとらわれず、とりあえず行ってみようかな?っと思える場所です。そして選手を身近に感じられるような工夫もたくさんあります。行ってみたいと思ったときがチャンスです!!!ぜひ行ってみてください!