華僑の精神が大好きです。

華僑とは?
世界のお金持ち民族で華僑という事を聞いた事があります。
日本にも多くの華僑が会社を経営してたりスポーツ選手や芸能人や様々な分野で活躍されてます。華僑とは中国や香港やマカオや台湾以外で経済活動を行う中華系漢民族です。
私は、華僑の物の考え方が好きです。華僑の物の考え方が富を呼んでいると思います。

華僑の富の度合いは個人差があります。勿論華僑の全員が大金持ちかと言いますとそうではありませんがお金持ちはお金持ちです。大金持ちではなくても日本人から見たら華僑の生活レベルは日本人より高いです。華僑には生活に困っている人はいません。むしろ日本人の方が生活に困っている人が多いと思います。

日本人との違い

日本人とはお金に対する考え方が違います。現代は、崩壊しましたが元々日本人は終身雇用を好みます。日本人は安全な無難な傾向を好みます。しかし華僑は勝負をして稼ぐ事を好みます。華僑は常に情報を得る事に努力をしてます。華僑は情報を先取りしようとして常に努力をしているから株や投資にも成功しやすいです。日本人はあまり海外で活躍する事を好みません。華僑は昔からマレーシア等の東南アジアの発展性を気づき早期に東南アジア等に進出して富を得ました。

現代は世界的に次はアフリカが発展するであろうと思われてますが、これも華僑は早期に気づきダイヤモンド等の宝石商等で富を得てます。日本がアフリカに進出したのが最近ですが華僑は日本よりずっと早くにアフリカに進出してました。

華僑にも失敗がある

華僑は確かに商才に長けてます。しかし華僑にも読みの間違いもあります。もし華僑が読みを間違えて失敗をしたら未練を持たずに撤退します。そして次のチャンスを掴む努力をします。
日本人なら未練がありなかなか撤退できないのが華僑との違いです。

華僑のお金に対する考え方

日本人はお金をたくさん儲けると成功と思う人が多いと思います。また日本人はお金を損すると失敗と思う人が多いと思います。
しかし華僑は、お金に執着してないので見切りも早く損切りも早めにします。お金に執着してないことも華僑が富を生む秘訣です。お金に執着してないという点も私は華僑に魅力を感じます。

華僑における日本のマーケット

日本はすでに高度経済を迎えバブルも崩壊しました。しかも現代は、終身雇用も崩壊して就職難な冷え切った経済の日本です。日本では正社員雇用が少なくなってます。こんな日本でも華僑は、日本をマーケットの舞台があります。それは日本の証券市場です。こんな冷え切った日本経済でも華僑は新たに日本に来てます。また日本の証券市場をはじめ金融は華僑によって支えられていると言っても過言ではありません。華僑の多くは日本のみでなく東南アジア等の投資業で成功してます。

華僑の教育方針

私は華僑の教育方針にも魅力を感じます。華僑は、幼少期からマネー教育を代々受け継ぎます。華僑は幼少期から実際にお金稼ぐ事を体験する教育もします。親が子供に実際にオークションをさせてお金儲けを教える事もあります。

華僑は、子供にお小遣いをあげるよりお金儲けした分をお小遣いにする教育をする人もいます。華僑は、世界規模でマーケットを読みます。ですので子供のお年玉をドルやポンド等の海外の通貨であげて子供に為替の仕組みを教える人もいます。円安で利益が出て円高で損をするということも華僑の子供達知ってます。それが自然と身に付きお金儲けをするのに大いに役に立ってます。

華僑の日常にお金を稼ぐ教育が入ってる点も魅力を感じます。日本でも中華学校があります。華僑の精神や中国語のバイリンガルを子供に学ばせようと日本人が我が子を中華学校に通わす人もいます。

華僑の富を呼ぶ思想

華僑は、お金を天下の回り物と考えてる点も素晴らしいと思います。
華僑は、自分が富を得ても独占しません。華僑は、成功すると親族や知人友人に分けます。
華僑にとって周りの人を幸せにできる事こそステータスです。

自分が成功できたのも周りのお蔭と常に感謝をしてます。また自分が成功できたら成功に至るのにお世話になった人達にお礼を述べてお礼もします。華僑は義理堅く律儀な民族性が成功に至ってます。

現代の日本人は自分勝手な人が多い中で華僑は義理を果たすので日本人は見習わないとならないと思います。華僑は、周りを幸せにしてこそステータスが上がるのですから自分が成功したら周りの人にもビジネスを紹介したりします。情報を共有したりして周りも恩恵を受けます。華僑は、仲間意識が強く仲間も成功できるように手助けをする点も素敵な思想と思います。

最後に

華僑は、どちらか言えば人見知りと言いますか華僑以外の民族に心を開くのは時間が掛かります。華僑は華僑同士なら打ち解けやすいです。華僑以外の他の民族に一度心を開くと仲間と認識します。以前近所に華僑の夫婦が引っ越して来ました。その時に夫婦で挨拶にケーキを持って来ました。現代の日本人は引っ越して来ても挨拶すら来ない人も多いです。

どちらかいうと日本人はお金に執着してる人が多いから富を得れない気もします。しかし華僑は、人を喜ばせるお金の使い方が上手です。人を喜ばせる事で更なるチャンスを得る事もあります。国際的なグローバルな視点から人付き合いにも慣れており柔軟性にも華僑は富んでます。実際に私が接した華僑は、挨拶もよくして愛想も良くフレンドリーでした。華僑の人柄にもビジネスの成功のキーがあります。

華僑だから成功できるのではなく、華僑の民族性を探るうちに日本人も華僑の精神を持てば成功できると確信しました。
小さい時からのお金に対する教育も大切ですが、世界の様々な語学や世界の人達と交流できるスキルをつける大切さを華僑から学びました。

また華僑は、自分が成功しても誇らず謙虚さも持ってます。誇るなら周りを幸せにできる喜びを誇るぐらいですが、生活自体は家庭菜園をしたり質素です。ブランド物で身を固めるよりかは実用性を重視した物を選び質素な生活に感動します。

ただ華僑が妥協しないものは子供の教育には妥協しません。華僑の大半は、日本の名門校に行かせてます。私は、華僑の周りの人を幸せにする精神が大好きで華僑の精神をこれからも学びたいと思ってます。

実際にインターネット等で華僑の人と交流し、華僑の精神を知りたいと言いますと親切に教えて下さいます。

華僑の人と交流すると、日本人が忘れている物を持っている気がして好きです。日本人が忘れている物を華僑から気が付かせてもらったりしてます。
日本人はまず礼には礼を尽くす精神を身に付けないとならないと思います。

また現代は、就職難のみではなく結婚氷河期でもあります。これも日本の男性が低所得化になった事も原因があるにしても、初回の出会いやデートを割り勘にするケチケチした精神からも来ていると思います。華僑は、割り勘にするより自分が相手を喜ばす事でステータスを感じる民族ですので割り勘を嫌います。割り勘にするなら自分が払う方を好みます。華僑に下心があるわけではありませんが損をして徳を取る人も多いです。

私は、華僑という人達の存在のお蔭でビジネスへの意欲も高まり成功を実現しようと自分を磨かないとならないという意識も高まりました。
これからも華僑に関して様々自分なりの研究をして私の運を開けたらいいなぁと思います。