柔らかくて可愛い羊毛フェルトが大好き!作り方の基礎や、作品が買える場所

羊毛フェルトって何?

羊毛フェルトとはヒツジの毛を専用の針でまとめたものを指します。手芸における羊毛フェルトでは、バッグや帽子といった平面の作品や、マスコットや人形といった立体物まで様々な形状のものを作ることが出来ます。

ヒツジの毛を使っているので非常に柔らかく、温かみのある作品が多いことも特徴です。

tetote

羊毛フェルトで作品を作りたい!初心者でも出来る?

羊毛フェルトは手芸初心者さんにこそオススメしたい手芸です!
羊毛の塊をフェルティングニードルでツンツン刺すだけでも丸い形を簡単に作ることが出来ます。同じレシピを使っても人によって大きく個性が出るのも特徴で、目の位置や口の位置がミリ単位で違うだけでも作品の印象が大きく変わるのも楽しい部分です。

初心者は何から始めたらいい?

羊毛フェルトには大きく分けて二つの技法があります。針で刺してまとめるニードルフェルトという手法と、水やお湯、石けんなどを使って平面の生地を作る水フェルトです。今回はニードルフェルトについてお話していきます。

まず初心者さんのニードルフェルトの始め方からです。

初心者さんに必要な道具

道具はまずフェルティング専用ニードルを購入しましょう。こちらは先に特殊なギザギザがあり、通常の縫い針と全く違ったものになっています。初心者の内は折れやすいので、長く続ける予定がある場合は複数本買っておくこと安心です。


ニードルだけ持つと指が痛くなることもあるので、こちらも長く続ける場合はニードルホルダーを使うと良いです。木製のものが握りやすく壊れにくいです。また色んな会社のニードルに対応しているのでお勧めです。

続いてマットを準備します。こちらは羊毛フェルト専用マットでなくとも大丈夫です。小さな作品を作るだけなら洗剤用スポンジなどでも代用が可能です。ただし専用マットは扱いやすいという点もありますので、実際使ってみて判断するのも良いでしょう。100円均一で扱っているものでも全然大丈夫です。

動物を作ろうと考えている方は「刺し目」というものを用意しておくのもオススメです。初めから細かく目を刺すのは少し難しいのですが、刺し目があると目の部分に差し込むだけで目が完成します。刺し目を使う方は小さな目打ちもあると良いです。

羊毛やお手本の選び方~キットがいい?本がいい?

肝心の羊毛ですが、初心者さんにキットは余りオススメしません。理由としては、キットに入っている羊毛だけでは完成までに羊毛が足りなくなってしまう場合があるからです。最初は小分けになって売っている羊毛を必要な分だけ購入してみましょう。100円均一でも羊毛の取り扱いがありますが、手芸メーカー品と比べ質は落ちます。でも初心者だからお試しでもOKと思っている場合はそちらを使っていただいても構いません。

また羊毛は刺せば刺すほど固まって小さくなってしまうので、芯材も用意しておくとコストパフォーマンスがよくなります。ニードルわたわたといった商品がそれで、小さなものから大きなものまでベース作りに非常に便利です。

キットを使わない場合は何かしらのお手本が必要かと思います。オススメは本です。高いものから安いものまで様々ありますが、手芸本は立ち読み出来る場合が多いので、なるべく写真図解の多いものを選ぶのが良いでしょう。「基本」と書いてある本は初心者さんの段階に合わせてステップアップしていく方式を取っている場合が多いので、まずそちらを見ていくことをオススメします。

初心者は何から作ったらいい?まずは丸から!

作りたいものがあらかじめ決まっている場合は良いのですが、何から始めたら分からないという方は、まず丸から作ってみましょう。単純な形ですが、意外と綺麗な丸を作るのは難しいことなのです。先に挙げたニードルわたわたを使うと丸を作る時も簡単に出来ますので、カラー羊毛の前にそちらからチャレンジしても良いでしょう。ニードルわたわたで丸を作ったら、その上から色を付けていきます。

丸からの応用~動物にしてみよう!

丸は非常に応用が効く形です。丸を作ったら丸か三角の耳を作ってみましょう。その際に、丸と耳を繋ぐため、耳の下の方はふわふわを残しておきます。丸とその耳の下のふわふわをニードルで刺していくとくっつきますので、上手に出来れば動物の形が出来上がります。丸耳であればクマ、三角耳であればネコ、といった雰囲気が出てくるでしょう。

形が出来たら顔を付けてみよう!

動物の形が出来たら顔を付けてみましょう。まずは両耳の中心を目印に鼻を付けることからスタートです。鼻を先に付けることで目や口のバランスが取りやすくなります。
鼻など丸い形を付けたい時は、少量の羊毛を目的の場所に置いた後、中心部分を何回か刺していきます。すると羊毛は中心に向かって自然と丸くなっていきます。ある程度目標の大きさになったら周囲を切ったり丸く刺してまとめたりして形を整えます。

目については上と同じ方法で羊毛で刺しても良いですし、上記でご紹介してあります刺し目を使ってもよいです。どちらも違った雰囲気が出ますので、好きな方を使ってみましょう。

口が一番難しい部分になりますが、ニッコリ口を作りたい場合は羊毛を細く手に取って先を少しこよります。そこをスタート地点にして、顔に口の端からゆっくりと刺していきます。このゆっくり、が大事なポイントです。焦ると口の細さが均一にならないので、丁寧に刺していきましょう。

ここまでくると何かしらの動物が一つ完成しているはずです。
初心者はまず何かを完成させること、がとっても大切です。その達成感が心地よければ次の作品作りの意欲が沸き、より良い作品作りへと繋がっていきます。
沢山作品を作っていくことが、上達のコツとなっているのです。

作るのは苦手…羊毛フェルト作品はどこで買える

イベント編

デザインフェスタ

初心者さんでも向いている手芸の羊毛フェルトですが、それでも合わないという方も当然いらっしゃいます。でも可愛い作品は好きで手に取りたい…そういった方に羊毛フェルト作品に出会える場所をいくつかご紹介します。

まずは手芸イベントです。手芸ブームの近年、色んな場所で開催されているのでインターネットで検索してみましょう。「自分の住んでいる地域+手芸+イベント」などのキーワードだと探しやすいです。小さなホールのイベントから、巨大イベントまで様々です。

中でもハイレベルの作品に出会う事が出来るのは、年2回東京ビッグサイトで開催されている「デザインフェスタ」です。素晴らしい作品である分お値段もお高めですが、羊毛フェルト最高峰の作品を目にすることが出来る場所です。

WEBショップ編

手芸販売を取り扱うネットアプリのCMをご覧になったことがある方もいらっしゃると思います。以前はネットオークションへの出品が多かったのですが、今は手芸販売専門のサイトやアプリを利用している作家さんが非常に増えてきました。例えばminneはメディア露出も非常に多い手芸作品の販売サイトです。

手芸販売サイトではお値段も手ごろな価格のものから、しっかりした作品はお高いものまで。様々な作品に出会う事が出来ます。買うまで行かなくても可愛い作品の写真を見るだけでも和んでしまいます。ウインドーショッピングの感覚でご覧になってみるのもオススメです。

羊毛フェルトは気軽な手芸!見るのも買うのも楽しい!

羊毛フェルトは手芸の中では作る敷居も比較的低く、また作られている作家さんも非常に多いため作品も手に取りやすいです。「羊毛フェルト」で検索するだけでも可愛い作品写真を沢山見ることが出来ますので、興味が沸きましたら作品作りにチャレンジしてみたり、実物を手に取ったりしてみましょう。きっと可愛くてふわふわな感覚の虜になります。