コーヒー好き必見!一生物のドリップポット「タカヒロ」

皆さんコーヒーは好きですか?

コンビニ派の方、スタバ派の方、会社にあるドリップマシーンが一番手軽だからいつもそれ。という方。馴染みの喫茶店やコーヒーショップがある方。
昔おばあちゃん家で出てきた様な、お砂糖多めのインスタントコーヒーコーヒーも美味しいですよね。
お好みのコーヒーが皆さん色々あると思いますが、最近は豆を買ってきてハンドドリップで淹れるのがやっぱり一番美味しい!と感じる方も多いのではないでしょうか。

タカヒロ

そもそもコーヒーをハンドドリップで楽しむ為に必要な物って何?

まずはお気に入りの挽いてある豆。(豆で購入されている方はミル)、次にコーヒーフィルター、そしてコーヒーフィルターを入れるドリッパー(フィルターとドリッパーが一体型になっている物もあります。)後はマグカップとお湯です。

お湯を注ぐのは何使う?

これは極論を言えば何でもOKなのです。

沸騰したお湯を直接ヤカンから注いでも良いですし、ポットに入れた物を注いでも、もちろんコーヒーは淹れられます。
ただ、より美味しくより香り高いコーヒーを飲みたい方にはドリップポットをお勧めしたいです。

ドリップポットって何が違うの?

ドリップポットは注ぎ口が細いことが特徴です。

これは「お湯を細く、長く出し続けること」が、美味しいコーヒーには欠かせないからです。
実はこの「注ぎ方」で味が大きく変わってきます。

お勧めのドリップポットは「タカヒロ」のドリップポットです。

何と言ってもお湯の注ぎやすさ。これには驚かせれます。
初心者でも、細く長い一定の湯量を保ちながら注ぐことができます。
一番初めにタカヒロのドリップポットを使った時は、そのお湯の出る曲線を見て「美しい!」とさえ思いました。
そして持ち易い。これはお湯の注ぎやすさに繋がるので重要です。

タカヒロのドリップポットのサイズは?

「いつも何杯分のコーヒーを淹れることが多いのか」も、ポットを選ぶときには大事です。

ドリップポットを選ぶ際に、「大は小を兼ねる」はお勧めできません。
たまに来客があるからと大きなサイズを買ったとしても、普段は自分にしか淹れないのであれば小さいサイズで十分です。というのも、安定した角度でお湯を注いでいくには、重たいと感じるのは不利になります。

タカヒロのポットには0.5L、0.9L、1.5Lの三種類があります。

  • 0.5Lは2人~4人用
  • 0.9Lは5人~7人用
  • 1.5Lは8人~12人用

が目安とされています。

私は0.5L用を愛用していますが、大き目のマグカップにたっぷりと淹れる派なので、
その量だと2人分を取るのが丁度良いサイズです。
たっぷり飲まれる方でしたら、0.5Lは2人用、0.9Lは5人用、1.5Lは8人用と思っていただければイメージが付きやすいかと思います。

色は選べる?

定番として売られるているのはステンレスです。
別注になりますが、ドリップポットに「金メッキ」「銅メッキ」「黒発色」をかけてあるシリーズもあります。
形は同じでも見た目が全く違うので、自宅や職場の雰囲気によって好みな一品を選べるのは嬉しいことです。

お店とのコラボで限定カラーなども出されているので「限定カラー×マット仕上げ」などもつや消し加工がされている商品もあり、そちらもとてもお洒落です。
道具にこだわりたい方には是非ともお勧めしたいです。
「タカヒロ 別注」で検索して頂くと、定番とは違った美しさのドリップポットに魅了されると思います。

価格はいくらから?

サイズ、カラー、ステンレスか別注かによって変わってきますが、定価が1万8000円から4万円と大きな幅があります。(アマゾンだと1万円以下~と大分お手頃な価格から出ているようです。)

ブランドさえ選ばなければ1000円台から購入可能なドリップポットにしては値段が・・・。
と躊躇される方も多いと思います。

タカヒロのドリップポットで秀逸なことは、初心者の方でもプロの方の様に美味しいコーヒーが淹れられて、問題なくずっと長く使えるということです。

IHは使えるの?

「使える物」と「使えない物」があるので、気を付けてください。
せっかく買ったのに使えなかったでは悔しすぎます。購入前にしっかりと確認が必要です。

なぜステンレスか?

お勧めのポイントは「丈夫で長持ち!」。これに尽きます。
素材で比較される琺瑯のドリップポットは見た目が可愛くお手頃、かつ種類が多いこともあり長年人気です。
雑貨屋さんでも見かけたことのある方は多いのではないでしょうか。
ただ琺瑯はガラス素材なので、取り扱いには注意が必要です。
うっかりぶつけたり、落としてしまって傷ができてしまった箇所から錆が生じるということも
あり得ますが、その点はステンレスなら大丈夫。

思いがけず落としてしまっても、何ともありません。お手入れも簡単です。
普通に使用していれば錆の心配はありません。
気を付けた方が良い点としては、コーヒーを淹れ終わったあと、「ドリップポットにお湯を入れっぱなしにしない」というくらいです。
(つい入れっぱなしにしてしまったことが何度かありますが、ポットに変色などは全くありませんでした。)

お勧めのタカヒロドリップポットはどれ?

私のお勧めは「ステンレス 0.5L」の物

毎日愛用し続けてもう12年目。ステンレス焼けは若干してきましたが、全くの損傷なく購入当時のまま美味しいコーヒーを飲むことができています。
当時は「高いな・・・。どうしよう。とりあえず安いドリップポットで試してみて、慣れてきたらこちらを買おうかな。」とも思いました。
でもその時よく通っていたコーヒー店の店長さんがタカヒロのポットでコーヒーを淹れていて
「初めての方でも使いやすいですよ。」と教えてもらったのが購入の決め手でした。
それからというものずっとこのポットを使っています。

最初に余計な物を買わずに済んだ!という喜びもありますが、自分で豆を買って自宅で挽き、そしてハンドドリップをしたコーヒーを飲む。というのが当たり前になっていることが何より嬉しいです。

最近は通常の物より更に注ぎ口が細くなった「雫」というシリーズも登場しています。
従来の物と注ぎ口を比べると確かに細い!ということは更に注ぎやすくなっていると言うことです。
とても気になり調べたりもしましたが、長年愛用しているポットがあるので追加購入はしないことにしました。
それくらい1つ手元にあれば、一生大丈夫という品です。

プレゼントにも◎

ちょっと高級なプレゼントになってしまいますが、コーヒーが好きな方でハンドドリップ派のかたであれば母の日や父の日。あるいは結婚祝いのプレゼントにも喜ばれること間違いなしです。

限定カラーのポットであれば尚更です。他の方と被ることなく特別なプレゼントができます。
又、タカヒロの製品は全て新潟県の燕市で作られているので、こちらの面でも安心できます。

最後に

「自分で淹れるコーヒーがやっぱり一番美味しいんだよね。」と言ってしまいくなるくらいハンドドリップは魅力があります。
その最高のパートナーになってくれるドリップポット「タカヒロ」は、コーヒーのある生活をより楽しく、そしてより美味しいものにしてくれること間違いなしです。

ドリップポットをお探しの方、ぜひ「タカヒロ」を候補の一つに入れてみてください。
きっとお好みの素敵な1つが見つかると思います。