K-POPアイドル「SUPERJUNIOR」の魅力と派生ユニット・人気曲

 SUPERJUNIORって?

韓国の三大芸能事務所の一つであるSMエンターテイメントから2005年に12人組でデビューした男性アイドルグループです。

途中からメンバーが一人増えて、13人での活動を開始しました。韓国ではもちろんのこと、中国、台湾、日本などアジアの多くの地域で絶大な人気を誇るグループです。

また派生ユニットも存在し、そこだけで活動するメンバーも二人います。人数が多いのでメンバーそれぞれに得意分野を持っていて、ドラマのOSTを担当したりする歌担当、バラエティー番組によく出演するお笑い担当、ドラマや映画に出演する俳優担当など個人でも活動しています。

SUPERJUNIORは省略されて「スジュ」と呼ばれます。またファンクラブの名称はE.L.F(エルプ)で「Ever Lasting Friends」の略です。

 個性溢れるメンバーたち

SUPERJUNIOR

・イトゥク(この世界で特別なことという意味)・・・スジュのリーダ/バラエティー番組によく出演/エクボが魅力/笑い声に特徴がある
・ヒチョル・・・アニメ大好き/基本自由人/ダンスが特徴的/芸能人の友達が多い
・ハンギョン(所属事務所に対して専属契約効力の不存在確認訴訟を起こした)・・・中国人メンバー/現在は中国で活動/13億の奇跡/北京オリンピックの聖火ランナー
・イェソン(芸術的な声帯という意味)・・・メインボーカル/SNSをよく更新/不思議キャラ/ドラマ、映画にも出演
・カンイン(現在活動休止)・・・バラエティー番組によく出演/ガタイが良い/トークが上手/自称韓国一ハンサム
・シンドン・・・ヴィジュアル担当(笑)/ダンスメンバー/お笑い担当/彼女とは公開恋愛
・ソンミン・・・愛嬌をよくする/悩みは何でも平均なこと/日本語が上手/2014年結婚
・ウニョク(芸名の由来は不明だが光輝く銀という意味)・・・スジュのダンスマシーン/お笑い担当/どっきりの標的/自己紹介では宝石美男という
・シウォン・・・スジュのセンター/俳優としても活動/モデル/中華圏でも活動
・ドンへ・・・ダンス担当/作詞作曲もする/あほの子と呼ばれる/容姿はイケメンだが魚に似ている
・リョウク・・・メインボーカル/料理が得意/毒舌/キリンが大好き
・キボム(2015年SMEとの契約終了)・・・ドラマ、CMに多く出演/帰国子女/子役でもあった/IQ138
・キュヒョン・・・途中参加のメンバー/メインボーカル/バラエティー番組にも出演/マンネ(末っ子)
・チョウミ(派生ユニットSUPERJUNIOR-Mのみ)・・・中国で俳優として活動/ソロ歌手
・ヘンリー(派生ユニットSUPERJUNIOR-Mのみ)・・・カナダ国籍/ソロ歌手/特技はヴァイオリン

派生ユニット

SUPERJUNIOR-K.R.Y

メインボーカルであるキュヒョン、リョウク、イェソンの三人グループで、三人の名前の頭文字をとったグループ名になっています。バラードを主に歌い、ドラマのOSTとして採用されたこともあります。また日本でもシングルを発売し、コンサートを行うなど精力的に活動しています。

SUPERJUNIOR-T

トロット(演歌)を歌うユニットです。メンバーはイトゥク、ヒチョル、カンイン、シンドン、ソンミン、ウニョクの六人です。日本のお笑いコンビ「モエヤン」とコラボして、シングル「ROKKUGO」を日本でも発売しています。

SUPERJUNIOR-M

中華圏での活動をメインにしているグループでMandarin(中国標準語)の「M」をとっています。メンバーはシウォン、ソンミン(途中参加)、ウニョク(途中参加)、ドンへ、リョウク、キュヒョン、チョウミ、ヘンリーであり、ハンギョンは元メンバーです。

SUPERJUNIOR-Happy

人々を幸せにするというコンセプトをもとに作られたグループで、メンバーはイトゥク、イェソン、カンイン、シンドン、ソンミン、ウニョクの六人です。SJ-Hの曲はコンサートでよく歌われます。

SUPERJUNIOR-D&E

ドンへとウニョク(ウネ)の同級生コンビのユニットです。韓国ではもちろん日本でもCDを発売し、コンサートも開催しています。「Can you feel it?」が特に人気の曲で、可愛いと話題を呼び、ダンスを真似するのが流行りました。

SJの人気曲といえば?

SORRY SORRY

スジュの代表曲ナンバーワンです。ファンではない人も良く知っているとても有名な曲で、この曲のおかげでSUPERJUNIORという名前が全国的に知られるようになりました。この曲は中毒性があるので一度聴いたら忘れられずに何度も聞きたくなってしまいます。また、「SORRY SORRY Answer」という曲もありますが、この二つは曲調が全く違うのでそれぞれに魅力があります。

BONAMANA(美人)

こちらも有名な曲です。「SORRY SORRY」の次にリリースされました。特徴的なタイトルと独特なMV、そして自然と口ずさんでしまうメロディーで、発売と同時に音楽番組で一位を獲得しました。K-POPアイドルといえば曲中にファンが掛け声をいれることが定番ですよね。この曲ではメンバーの名前を言う掛け声があるのでファンからも人気があるし、コンサートの定番曲です。

Mr. Simple

これはスジュの曲の中で初めてMVの再生回数が一億回を超えたものです。また、この曲が収録されているアルバムで、Mnet Asian Music Awards(MAMA)という韓国音楽会最高の祭典で最優秀アルバム賞、最優秀男性グループ賞を獲得しました。まさに名実ともにスジュの最高の一曲です。

特に仲良しのメンバーたち

スジュはメンバー全員もちろん仲良しです。メンバー同士でも貶し愛が存在するくらい仲良しです。またメンバーのお母さまたちも定期的に集まってお茶をするなど家族ぐるみでお付き合いがあるようです。その中でもやっぱり特に仲の良いメンバーたちっていますよね。韓国では仲良しのメンバーたちにカップル名をつけて親しみを込めて呼びます。その中でいくつか紹介したいと思います。

ウネ(ドンへ+ウニョク)

スジュの中で一番有名で人気のあるカップルですね。K-POPのベストカップルとして、男女カップルがいるにも関わらず一位に選ばれました。

イェウク(イェソン+リョウク)

メインボーカル同士のカップルで、イェソンは練習生時代からリョウクのことを大事にしていたようです。リョウクはツンデレなのでイェソンはそこが好きなんでしょうか。

83line(イトゥク+ヒチョル)

同い年でグループの最年長であるの二人は他のメンバーとはちょっと違いますね。デビューしたてで辛い時にも二人で支えあていたというエピソードがたくさんあります。

ファンクラブ「E.L.F」

アイドルが活動するためにはファンクラブは不可欠ですよね。韓国、日本にはもちろん存在しています。ただE.L.Fとほかのグループのファンはちょっと関係性が違います。そこがまた魅力なのですが、どのように違うのか紹介したいと思います。

ファンといえばもちろん好きなグループのことですから、「可愛い」「かっこいい」こんな言葉で愛を表現すると思います。しかしE.L.Fたちは「貶し愛」なんです。メンバーに対して「ブサイク」「馬」「歯茎」などさまざまな呼び方があります。また、事故画像といってメンバーのかっこよく撮られていない写真が大好きだったりします。

スジュへの差し入れで激辛おにぎりをプレゼントしたこともあるなど、E.L.Fにもユーモアがあって面白いんです。ただこれもすべて愛があってのことなんです。みんなスジュが大好きという気持ちは本当です。

また「UFOメールという」アイドルとファンがやりとりするサービスがあったのですが、それがとても面白いのでぜひチェックしてみてください。スジュとE.L.Fの関係が温かくてほっこりしますよ。

 SUPERSHOW

スジュのコンサートは「SUPERSHOW」と呼ばれます。アジアや南米でも開催され、多くのファンたちを魅了しています。SUPERSHOW3からは日本でも開催されており、彼らの夢であったという東京ドームでも公演しました。

東京ドームで開催されたときには、彼らのイメージカラーであるブルーのペンライト(公式のもの)で「ブルーオーシャン」というウェーブが起こります。これはファンが自主的に行ったものなのですが、メンバーからもとても好評であり風物詩のようになっています。本当にきれいなのでぜひ見てほしいですね。

また彼らのコンサートはファンを楽しませるアイディアが満載です。野菜の着ぐるみを着て登場したり、アニメのコスプレをしたりと時間いっぱい楽しませてくれます。何度行っても飽きることはありません。チャンスがあればぜひ行ってみてほしいです。