お気に入りのワイスリーのベルト

そもそも「Y-3 ワイスリー」って何?
スポーツブランドのアディダスがデザイナーの山本耀司をクリエイティヴ・ディレクターに迎え、2002年から始まったブランドです。

スポーツ分野のビッグブランド、アディダスと有名デザイナー、ヨウジヤマモトのコラボレーションにより、遊び心がある、これまでにないファッショナブルなスポーツシーンを発信しています。

zozotown

ワイスリーのベルトの何が魅力なの?

 洗練されたデザイン、テイスト

一言でいうと無地に「Y-3]というロゴの入った、アジャスター付きベルトです。しかしそれだけでは表現しきれない、シンプルな中に洗練された佇まいがあります。

このベルトの幅、ロゴのデザイン、アジャスターのフォルムどれをとっても絶妙なおしゃれ感があります。わかりやすくいえば車のシートベルトのような光沢のある質感、しっかりとした生地です。

そしていいブラックです(レッド、イエローなどもあります)。これまであるようでなかったデザインだと思います。余計なデザイン、作りこみはないのが良いと思います。海外ファッションでもヨウジ系ファッションとして人気を博しています。

 アディダス自体の魅力!

アディダスと言えば言わずと知れたスポーツブランドで長年人気を誇ってきました。リュク、シューズ、ニットキャップ、トレーナー、Tシャツなどあらゆるアイテムがトレンドになっています。男女問わず人気のあるブランドです。

私も大好きなのですが、ワイスリーにはそのアディダスのカジュアル感が息づいています。昔からあるアディダスの親しみのあるカジュアル感を残しつつ一皮むけたスタイリッシュさ、シャープさを研ぎ澄ませたようなワイスリーのベルトは他にありません。

 調節が自由にできる

普通のベルトですとホールがあってそこに通して調節するのですが、こちらのベルトはそれがないので好きなポジションに調整できます。その点もおしゃれです。きつく締めるとその分下に垂らす分のベルト端が長くなります。

ヒップホップファッションのようにルーズな感じで着こなすときは長く伸ばせばマッチすると思います。逆にキレイ目にジャストなサイズ感のファッションの時は短めにアジャストすると良いと思います。

その他ダイエットしておなか周りがすっきりしたとき、普通のベルトだといつも使っているホールとずらすことになり微妙な違和感があるかもしれませんが、このベルトだとそういうこともないです。長年愛用していてちょくちょく体形が変わっていますが、それに合わせてベルトを自在に調整できました。

様々なファッションにすんなりフィットする

デニムにTシャツのようにカジュアルなファッションには当然フィットします。そのほかプルオーバーやパーカーなどにも合います。ガバッと着るパーカーだとベルトが隠れますが、チラっとみえるベルトの端だけでも印象的なアクセントになります。

こうしたカジュアルなファッション以外に、キレイ目のタイトなシャツ、シャツにベスト、ジャケット姿にも合います。ベルトのおかげでオフの日の美容師さんみたいな抜け感が演出されます。変わったところでいうとオーバーオールにこのベルトを合わせることもできます。(実際に試してみました。)

 ベルトなのに主張する

私の持っているのはブラックのベルトですが、ブラックといえば地味な色なのに主張します。やはりこのユニークな質感、そしてテイストのお蔭だと思います。デニムに無地のシャツ、そしてこのワイスリーのベルトを合わせるだけで様になります。逆にペンキを塗ったような奇抜でアバンギャルドなTシャツなどと合わせてもベルトが主張して押し返すような感じです。さりげない印象的なアクセントとなってくれます。

 気分でロゴのポジションを変えたりできる

アジャスターで調整するベルトなのですが、それによりY-3のロゴのポジションが変わります。それによって微妙に雰囲気が変わるので気分によって変えたりします。何気ない休日などはダランと垂らしてリラックス感をだします。

 値段もリーズナブル

ベルトでも何万もするものも多いですが、ワイスリーのベルトは私が買ったとき1万5千くらいでリーズナブルでした。正直このクオリティ、そしてヨウジヤマモトのブランド力からすると3万くらいしてもおかしくないと思います。すごく安いです。

他のベルトと何が違うの?

zozotown

個性的なベルトというのは色んなブランドから出ていますし街の服屋などにもあります。しかし、ワイスリーのベルトのように個性を発信しながら、他のブランドやスタイルにフィットする絶妙さはどこにもないと思います。

ユニークなフォルムだからこそ個性を発信し、シンプルなデザインだからこそ他のスタイルにフィットする、それがワイスリーのベルトなのです。アディダスらしい若々しい雰囲気が残っていながらヨウジヤマモトのアダルトな落ち着いたテイストも共存していてそれが絶妙です。

 おすすめのカラー

私はブラック、イエローを持っています。やはりブラックのほうが使いやすいとは思います。でも飲み会とかパーティーとかではっちゃけたいときはイエローの気分ですね。1本目持つならブラックがすんなり来ると思いますが、ホワイトも意外にハマるかもしれないです。デザインがシンプルなので色で攻める感じです。普段のファッションが黒系なら白、ブルー系ならイエローが合う感じがします。

このベルトを着けた時の周りの評判

zozotown

私はブラックのベルトを着けていて色としては目立たないのですが、友達の目に留まり「それってどんな生地?」「なんか新しいね」と反応がありました。一見シートベルトみたいな質感なので面白いのだと思います。着けさせてほしいといわれたこともありました。

彼女とデートするときも、クリスマスなど大事な時に着けていったりします。逆に準備する時間がなくてファッションのコーディネートをじっくり考える時間がないときでも適当にベランダに干しているシャツとカラーパンツ、そしてこのベルトをさっと合わせると自然とうまくコーディネートできてしまうのが不思議です。

 最後に

私がこのベルトを見つけたのは街中で、さりげなく着けている人を見てすごいインパクトを感じネットで調べて購入した感じです。

全然ふつうの若者だったのですが雑誌のスナップの1コマのように自然にキマっていました。その時はファッションにハマっていたもののベルトにはこだわりがなく、地味に黒や茶色の普通のベルトを合わせてシャツやパンツで自分を発信していました。

しかしこのベルトを着けるようになりベルトで遊べるとわかりファッションの幅が広がりました。それくらいの発信力があるベルトだったのです。
今ファッションにこだわっている方もアクセントとしてワイスリーのベルトを取り入れてもらったらいいと思いますし、あんまりファッションにこだわってなかった人もリーズナブルにこのベルトをまず取り入れてみてガラッとかわる雰囲気を味わってみてほしいです。

ファッションにこだわってなかった人が色々買うのは自分が着てもダサいんじゃないか、ハズしてるんじゃないか、という不安もあるでしょうが、アディダスがベースにあるブランドということである種安心感があると思います。最初はアディダスのアイテムと合わせてみてもベターです。