unicoの家具さえあればオシャレリビングに大変身

unico大好き
私は、unicoラブです。
unicoとは、家具、ラグ、カーテン、雑貨などを販売するインテリアショップです。全国で47店舗展開している大人気インテリアショップです。
私がはじめてunicoの家具に出会ったのは、友達の家のPC用デスクです。今ではもう売ってないデスクですが、友達の使っているノートパソコンがちょうど乗る感じで場所をとらない大きさです。

色は白でした。もともと友達のセンスが良いこともあり、可愛いインテリアの中の相乗効果もあり、その存在が一層ひきたっていました。

unicoの家具が一つあるだけで、レタスクラブ監修の一人暮らし女子インテリアの雑誌に載ってそうな雰囲気になります。その時代は、unicoは、代官山にしかなくいつか行ってみようと心に誓いました。

unico

雑誌をみてひたすら勉強

結婚を機にインテリアを一新したかったのですが、一番最初に暮らしたのは2DKの中古賃貸マンションです。一生ここに暮らすわけでは無いので家具を素敵に揃えちゃうのは、どうなんだろうと迷ってました。

この頃に目をつけていたのは、unicoのアルベロキャビネットでした。約7万円くらいでした。その頃は、赤ちゃんを育てる事で精一杯で家具屋巡りなどは出来ずひたすら雑誌を広げあれこれunicoのアルベロを買ったらどこに置こう、何を入れようと考えるのが楽しかったです。
今も昔もお金をかけずにインテリアを楽しむ人がいます。雑誌に「100円均一雑貨リメイク技100」など載っています。最近では、その技術も向上し、100円均一の雑貨リメイクだけのインテリアで生活しテレビで取り上げられている主婦などがいます。

テレビで取り上げられている主婦には、DIYの技術とインテリアのセンスと日用雑貨をインテリアに変える発想力が必要です。

これを素人が真似しちゃうと痛い目にあいます。なんだか貧乏くさい感じになるのです。ただでさえお金が無いから100円均一に走るのに、センスの無い普通の主婦が真似をすると貧乏ゆえの貧乏インテリアになってしまうのです。やはり、センスの無い私は真似をやめてお金をためてunicoの家具に頼った方が良さそうです。

実際にuniocの店舗へ

unico(店舗はもっとあります)

unico吉祥寺店

二人目を妊娠し、手狭になったので一戸建てに引っ越ししました。これでunico生活が手に入ります。代官山からはじまり新しい店舗が次々オープンしました。私は吉祥寺のお店に行きました。広さはそんなにないけれどカタログとネットで見ていたunicoの世界観が手にとって味わえる。もうワクワクが止まりません

思っていたより家具が小さくそんなに広くないうちのリビングにはちょうど良さそうです。unico生活なんてカッコ良くいいましたが、我が家の予算では、せいぜい2家具ぐらいしか買えないので慎重に選ばないとなりません。

北欧ブーム

かもめ食堂の映画のヒット以来、日本のインテリアは北欧一色になりました。我が家が家具を探していた頃も北欧ブームの真っ最中でした。そのころのunicoは、北欧風のものももちろん多かったですが、その後に流行る男前インテリアを予想していたのか、ボーイズナイズなインテリアもすでに販売していました。unicoが販売していたから流行り出したのか、流行りを予想していたのかわかりませんが、さすがunicoです。

unicoの家具は、高いと思っていたのですが、本物の北欧輸入家具とくらべたらunicoはとても良心的なお値段です。

安いからといって安っちいわけではありません。きちんとした天然木を使用されています。位置付けとしては、無印良品よりは、値段が高く大阪で有名なTRUCKに比べたら値段が安い。momoナチュラルあたりと同系列にあたるのではないでしょうか。あくまで私の主観ですが。

ハイセンスな友達の家

迷ってしまってなかなか選べず、我が家のインテリアは中途半端になってしまっている時に子供の友達の家にお呼ばれしました。

平屋の一戸建てなのですが、まるで家具屋&雑貨屋さんなのです。私は天然木が好きなのでナチュラルな雰囲気の部屋になりがちですが、友達の部屋はいろんな素材を使っているのにそれが見事に調和されています。

カルフォルニアのテイストにアンティークがブレンドされた彼女オリジナルのインテリアです。

世の中は、北欧ブームなのに、彼女はそれに乗っからずその上を行っていました。私は目からウロコがおちました。私にはオリジナルなハイセンスはないのでunicoを研究して世界観を我が家のリビングに取り入れたいと改めて頑張ろうと思いました。

unico池袋店

池袋にもunicoの新しい店舗が出来ました。はじめてunicoに出会ってからもう何年も過ぎてしまいましたが、ちっとも飽きずにunico熱は続いています。

池袋店は吉祥寺店と違ってとても広くて優柔不断でウロウロ悩みたい私にはちょうど良いお店です。お店の方もどんどんお試しくださいといってくださり、売りつけてくる恐怖感を与える事もない、unicoの余裕みたいなものを感じました。おかげさまでじっくり扉の開け閉めや取り出しやすさ、高さや幅などを肌で実感できました。
しかし、選びきれずネットで買う事にしました。

ハイセンスな友達を見習って私も好きなインテリアの方向性を定めることにしました。移りゆくインテリアブームにいちいち乗っかっていたら破産です。

やはり末長くお付き合いできる家具が良いですね。家具選びは結婚と似ています。そして私は和風北欧というインテリアに方向づけしました。20代後半から30代後半で好みがものすごく変わってしまいました。これを踏まえて和風テイストを挟んでおくことは好みがこれからも変わっていったとしても上手くインテリアのバランスを保てるコーディネートなのではないかと思っています。
買う家具は飾り棚とテレビボードにきめました。テレビボードは、高さと幅にこだわりがあったのでクルトのAVチェストに決めました。

unico

一般的なAVボードに比べたら高さがありテレビが見やすく、また収納もいっぱいあるのでテレビ周りが散らからないと思い決めました。

unicoから出している飾り棚は、クルトのカップボードかシグネのローカップボードでものすごく悩みましたが、AVチェストをクルトにしたので同じシリーズで統一してクルトのカップボードに決めました。センスの良い人ならこの毛色の違う2つのシリーズを上手くまとめる腕があるのでしょうが、私には無いので同系列でまとめました。

我が家へようこそ

待ちに待ったunicoが我が家に来る瞬間です。思い切って今までリビングで使っていたものを全て捨て、引っ越ししたての状態に戻しました。

組み立てする業者の人も作業しやすい事でしょう。クルトのシリーズは、私の目指すところの和風北欧というのにハマっています。新しいのにどこか懐かしい、昔のお家にあったような大きさ、色味です。

カップボードの上の方は、カメラなどを入れて飾り棚仕様にして、下の方は、カップボードとして使いたいと思っています。このカップボードの素晴らしいところは、カップボードなのに引き出しを引っ張ると机にもなるのです。机を引っ張り出してそこにお盆を置き、カップを乗せればとてもスマートにお茶の準備が出来ます。

ガラス張りのカップボードの下には4箇所も収納があり、そこには、アルバム、カメラの付属品、医療用品などを収納する事にしました。見せる収納と隠す収納のバランスがみごとです。高さも私の背より低いので一番上段には、裁縫箱を入れた北欧風のカゴを置きました。圧迫感もなくカゴを置いただけでインテリアに詳しい人のリビングになり満足です。

オシャレなリビング

私が思う、オシャレなリビングは、unicoの家具と観葉植物とカゴさえあればセンスの無い人でもそれなりの部屋にみえます。もうワンランク上を目指すなら照明にこだわれば完璧です。うちにはヤンチャ男子が2人いるので、照明にこだわるのは自粛しています。IKEAや無印良品も素敵ですが、私はやっぱりunicoラブです。