【秋保・小原・遠刈田】宮城県の温泉郷・グルメ・見どころを紹介

私の趣味は温泉巡りです。また、温泉巡りの際には必ず美味しいものを食べ、観光して帰ります。そんな私の宮城県でのおすすめスポットを紹介したいと思います。

秋保温泉エリア

秋保温泉郷

仙台から車で30分ほどのところに秋保温泉郷があります。仙台市内に用事がある人も少し足を伸ばしてこの温泉宿に宿泊する人も多いようです。
温泉の泉質はナトリウム・カルシウムの塩化物泉で、リューマチや神経痛、皮膚病、婦人病などの効能があり湯冷めしにくいのが特徴です。私自身も温泉からあがったあとは体がずっとポカポカしていたのが印象的でした。

天守閣自然公園

秋保温泉郷の中ある広大な敷地内にある庭園です。四季折々に変化する自然と風景を見てゆっくりと散策することができます。庭園内には無料の足湯が2つありタオルも有料で販売していますが持っていくと良いかもしれません。

私のおすすめは庭園を全部見終わったあとにある大きな足湯。につかると疲れがとれました。
また、庭園内にはいくつかの池があり、鯉が沢山泳いでいます。受付で餌を買うこともできます。
入場料は大人450円です。
同施設内に「市太郎の湯」という日帰り温泉もあり、基本貸しきり風呂になっています。檜の香りに包まれながらゆっくりと入ることができます。こちらは入浴料が大人800円、中学生730円、こども400円、幼児200円です。

オートキャンプ場

天守閣自然公園のすぐ近くにオートキャンプ場があります。こちらは4月から10月まで営業しておりキャンプやバーベキューが楽しめます。専用のかまどのようなコンロもあります。

宿泊は1泊3200円です。バーベキューなどの入場料は大人1000円、こども500円です。
秋には手ぶらで芋煮ができるコースもあります。(有料です)

カフェ・ロシェ

天守閣自然公園の庭園に隣接したカフェで庭園の風景を眺めながら軽食などが楽しめます。
店内は全て木で作られておりぬくもりが感じられます。メニューはパスタやピザなどのイタリア料理が中心です。私のおすすめはケーキセット(ドリンク付き)880円です。ドリンクにはブレンドコーヒーを頂きましたがこのコーヒーがとても美味しかったです。

カフェ・ロシエ 食べログ

秋保大滝

秋保大滝は秋保温泉郷から車で10分ほどのところにあります。四季それぞれの美しい風景を見ることのできるスポットです。
私は夏に行きましたが、新緑がきれいでしたし、大滝の前ではマイナスイオンをたっぷりと浴びることができ気持ちが良かったです。

秋保大滝の駐車場付近には地域の物産を扱うお土産屋さんや飲食店、植物園などもあり、楽しめます。
飲食店の中でも駐車場に隣接している蕎麦屋「たまき庵」の蕎麦はとても美味しく有名です。私はざる蕎麦と山菜の天ぷらを頂きました。

秋保ビレッジ・アグリエの森

こちらの施設は数年前にリニューアルされた地域の物産などが沢山集められた大型のマルシェです。
施設内には宮城県の有名な産物やおみやげにはじまり、地元の農家の方が作った無農薬野菜なども販売されています。

施設内にはレストランもあり、フードコートで自由に食べることができます。
トイレなどもバリアフリーになっており、様々な方が安心して利用できるようになっています。
営業時間は9時から18時までで、駐車場は170台停められます。

秋保ビレッジ・アグリエの森

さいち

秋保温泉郷にある小さなスーパーマーケット「さいち」は美味しいおはぎが有名で遠方から買いに来るお客さんも沢山いらっしゃいます。2個入りで216円。

私も頂きましたがおはぎはあんこがたっぷり入っていて一見ボリューミーで食べきれるか不安でしたが、控えめな甘さのつぶあんとご飯の絶妙なバランスの味に2つ一気に間食してしまうほどでした。

磊々峡

磊々峡は秋保石の大地を名取川が侵食して作られた岩々が並ぶ峡谷です。
橋の下流側には「もみじのこみち」という遊歩道があり、ダイナミックな景色を間近で見ることができます。

すぐ近くには「秋保・里センター」という工芸やクラフトなどの展示品が見れる施設があります。施設内にはカフェ「HACHI」といったハンバーグレストランも併設されています。こちらはテイクアウトもできます。施設内の小さな広場には無料の足湯もあり、遊歩道で歩き疲れたあとにこちらに入ることをおすすめします。

仙台万華鏡美術館

秋保温泉郷の入り口にある仙台万華鏡美術館は万華鏡専門の美術館です。
その季節によって展示している万華鏡が変化したり、実際に見て、さわって、自分で万華鏡を作ることもできる体験型の施設になっています。
小さな子供から大人まで楽しめます。
営業時間は9時から17時30分までで、料金は大人900円、小人と70最近以上は450円です。

小原温泉エリア

小原温泉郷

白石駅から車で15分のところに小原温泉郷があります。
白石川上流に面した自然豊かで閑静な温泉郷です。宿は全部で3〜4件あり、日帰りで温泉に入ることもできます。温泉の効能としては、眼病や胃腸病、婦人病、打撲傷などに効くと言われています。

私が小原温泉郷の中でもオススメなのが知る人ぞ知る秘湯「かつらの湯」です。白石川沿いの遊歩道を歩いた先の山の斜面に面してある岩風呂です。
シャンプーなどはありませんが200円という格安価格で温泉に入れます。
私は手前に男湯があるのが分からず間違ってのれんをくぐり恥ずかしい思いをしたのでみなさんご注意を。

遊歩道・自然の中の足湯

かつらの湯から吊り橋を渡った向こう岸には自然を活かした遊歩道があります。遊歩道といってもほとんど崖に面した道です。
そこの道を進んでいくと野湯のような自然のなかにひっそりと足湯があり解放感抜群です。

私は一人でどんどん遊歩道を突き進んだ結果、カモシカや野生のうさぎに遭遇してびっくりしました。
震災後は崖崩れが起きている場所もあり少し危険を感じました。行きたい方は自己責任でお願いします。

材木岩公園

七ヶ宿ダムの下流に渓谷と水をテーマとして「水と石との語らいの公園」として設置されました。天然記念物の「材木岩」が一望できる場所です。自然と一体化した公園の広い敷地内には噴水やつりぼり、売店などがあります。

近くに農家レストランという食事処もあり、お蕎麦などの軽食も食べることができます。
また、材木岩公園内にある「材木岩氷室」は明治時代に作られた風穴を利用した天然の冷蔵庫で室内に入ると夏でも寒いと感じるほど温度が低かったです。

駐車場は小型車79台、大型車8台入れるくらい広いです。水洗トイレ、障害者トイレもあるのでどなたでも利用できます。

材木岩公園

スパッシュランド白石

小原温泉郷から車で5分ほど行ったところに「スパッシュランド白石」があります。
「スパッシュランドしろいし」にはプール施設の他に岩風呂やレストランなどがあり、自然の中でリフレッシュすることができます。料金は全館利用で大人1440円、プールのみ720円です。
また「スパッシュランドしろいし」付近にはレクリエーション型総合公園「スパッシュランドパーク」があり、各季節の草花や風景などを味わうことができます。アスレチックパークは無料で遊ぶことができます。
私はまだ子供が小さいですが動けるようになったら連れていきたいなと思いました。

太助寿司

白石駅から車で10分。白石方向のこくどう4号線沿いにある大きな看板が目立つ「太助寿司」店内は小さい回転寿司屋さんといった感じです。

ここでのオススメは平日のランチコースです。こちらは10カンで1200円ほどと大変リーズナブル。しかし、値段を裏切るほどの美味しさでネタも新鮮ですし、シャリの握り具合も抜群です。また、海老汁とあら汁がおかわり自由というサービスには大満足でした。

太助寿司 食べログhttps://tabelog.com/tokyo/A1311/A131102/13008584/

遠刈田温泉エリア

遠刈田温泉郷

遠刈田温泉は仙台から車で40分のところにある蔵王のふもとの温泉で400年余年の歴史を誇る温泉郷です。

泉質はナトリウム・カルシウム・硫酸塩などで神経痛や関節痛みに効果があるとされています。

遠刈田温泉

神の湯の足湯

遠刈田温泉には数多くの共同浴場があります。その中でもこの神の湯の外にある足湯は無料で入れますし上がってからも体中のポカポカが続きました。

遠刈田温泉の商店街

「大八精肉店」には美味しい手作りコロッケやポテトサラダをはじめ、沢山のお総菜が販売してあります。
中でも私のおすすめはメンチカツ。豚肉がぎっしり入っていてボリューミーなのに120円という安さも魅力的です。私は1人で2個完食してしまいました。

はせがわ屋

遠刈田温泉商店街にあるはせがわ屋は、豆乳ソフトクリームが人気の豆腐屋さんです。優しい味のソフトクリームはとても美味しかったです。

小さいお店なので店内では食べることはできませんが、店外に小さなベンチがあるのでそちらで頂きました。
油揚げも頂きましたが、醤油と七味をかけて食べたら絶品でした。

コーヒー&レストラン えんそう

こちらのお店を初めて訪れたときはスパゲッティーやピザなどの軽食を頂きました。店内は奥まっていてこじんまりとした昔の喫茶店のような雰囲気です。
私がここでおすすめなのはピロシキです。注文してからお店で揚げてくれるので揚げたてサクサク、ジューシーです。そしてなんと1つ100円という破格の安さ。
それ以来、遠刈田温泉に来る度にこのピロシキを3、4個買っておみやげにしています。知る人ぞ知るメニューです。