初心者にも飲みやすい焼酎「ふんわり鏡月」の魅力

そもそも「ふんわり鏡月」とは一体何なのか?
サントリーが販売している焼酎の中の1つに、雪岳山(ソラクサン)系の澄みきった天然水で仕上げた焼酎「鏡月」があります。その鏡月シリーズの中でも、ふんわりとした果実の優しい香りとほのかな甘みが楽しめて飲みやすいものを「ふんわり鏡月」といいます。
鏡月シリーズは他にも「鏡月プレミアム」や「ふんわり鏡月クリア」などがありますが、今回は「ふんわり鏡月」をご紹介させていただきます。

ふんわり鏡月の種類

ゆず

さっぱりとした味わいですが、後味に甘みがあります。ゆずの香りがとても良いので、味だけでなく匂いも楽しめます。

アセロラ

アセロラって健康にも良いイメージがありますよね。果汁が含まれているわけではないので単なるイメージにはなりますが、女性の方でも買いやすくないですか。あまり見かけない味だとも思うので、アセロラのさっぱりとした味わいを是非楽しんでください。

ライチ

甘すぎず、かといって苦味があるわけではない、ライチの独特のジューシーさとさっぱりさわやかな後味がよく表現出来ていると思います。

うめ

酸っぱいだけじゃないほのかな甘みが楽しめます。定番の味ではないでしょうか。

「ふんわり鏡月」の魅力は何なのか

お酒が苦手という人や初心者の、特に女性の方でどんなものを飲めば良いのか分からないという人は多いかと思います。飲み会でもいつもチューハイやカクテルばかりを頼んでしまったり、家でもアルコール度数低めで飲みやすそうな缶チューハイばかりを買って飲んでしまったり…そんな経験はないでしょうか。
私もあまりお酒に強い方ではなかったので、上記に述べたような飲み方ばかりをして、お酒の楽しさが分からずにいました。
しかし、思い切って焼酎に手を出してみようと買ってみたのが「ふんわり鏡月」です。そしてこれをきっかけに「お酒って美味しい」「お酒を飲むのって楽しい」と感じるようになりました。
なので今回は、「ふんわり鏡月」の一体何がそんなに魅力的でオススメなのかを説明していきます。

適度な甘さとスッキリ感が飲みやすい

「ふんわり鏡月」の魅力としてまず初めに浮かぶのが、その飲みやすさです。お酒が苦手な人の意見として「苦い」「後味が苦手」といったものがよく挙げられます。特に女性の方に多いです。

慣れないお酒を「美味しくない」と感じるのは当然です。苦い、美味しくない、これならジュースの方が良い、などなど個人差はありますがよく聞く意見です。そしてアルコール度数が低く、ジュースとあまり変わりない味わいのカクテルを選んだりしますよね。
それが悪いわけではないですが、ちゃんと選べば味が美味しいお酒っていっぱいあります。
「ふんわり鏡月」果実のさわやかな香りと、後味にほのかな甘みがあります。しかも味は、ゆず、アセロラ、ライチ、うめ、と好みに合わせて選べます。それぞれ、水割り、ソーダ割り、お湯割り、ロック、など自分の好みに合わせて飲んでみて下さい。
焼酎といえば、芋や麦などが思い浮かぶ方もいらっしゃるでしょうが、お酒初心者には少しハードルが高いですよね。その点でも、果物なら手が出しやすいのではないかと思います。今までの生活でも親しみがありますし、何よりも「果物=美味しい」といった無意識の考えがみなさんの頭の中にもあると思います。つまり、飲む前からなんとなく「果物のお酒って美味しそう」というイメージも持てるので、そういった意味でも飲みやすいかと思います。

好きな量だけ飲めるコスパの良さ

「ふんわり鏡月」はキャップ付き700ml瓶で販売されています。つまり、好きなときに好きな量だけ飲めるのです。「アルコールは苦手だけどお酒を飲みたい」「ほろ酔いしたい」という人は、少なめの鏡月を水割りやソーダ割りで楽しめます。「ガッツリ飲みたい」という人はロックで。自分で量を調節出来るので酔いすぎることもありません。
強いのは苦手だから、と缶チューハイを買う人は多いです。缶チューハイは何となく飲みやすそうなイメージで、ついつい何本か買ってしまいがちです。しかし缶は一度開けたら飲みきらなければいけません。1本あたり大体100〜300円くらいでしょうか。気が付けば結構な額を使ってしまっていたりします。その結果「お酒って高い」といったモヤモヤとした不満が出てきて、あまり楽しめなくなってしまいます。
そこで、量を調節出来るので瓶に入った鏡月はコスパの良さを考えるととってもお得ですよ。700mlの瓶で大体10杯分を目安にされています。もちろん個人差はありますが、コスパが良いとお手軽に楽しめます。

買いやすいデザインと大きさ

いくら飲みやすいと言っても、パッケージがいかつかったり瓶が重くては初心者や女性はなかなか手が出ません。しかしこういった点でも「ふんわり鏡月」なら心配はいりません。
まずデザインですが、クリアな印象の四角いブルーがかった瓶に果物のイラストが入ったシールが貼られています。各果物ごとにシールの色合い違っておりカラフルで可愛らしく、お酒とは思えないさわやかさがあります。
そして大きさ・重さですが700mlと375mlの二種類があります。自分に合わせて選べますし、どちらも他の荷物と合わせても楽々持ててしまう大きさと重さです。

特に後者は小さいので女性でも腕が疲れることがありません。他の荷物があっても困ることはないでしょう。大抵のスーパーやコンビニには置いてあるので、いつでも買えるというのも便利で良い点だと考えます。

オススメの「ふんわり鏡月」

どれも勿論美味しいですが、個人的には「ゆず」が一番オススメです。ふわっと香るゆずの匂いと、スッキリとした後味。お湯割りにして、お好みでハチミツを足すとまろやかで飲みやすいです。まるでゆず茶のような感じで、気持ちもほっこり落ち着きます。このように色んな飲み方を試すことが出来るのも楽しくて良いですよね。
みなさんも是非、自分の好きな味な飲み方を探して下さい。

「ふんわり鏡月」の楽しみ方

やはり、自分の好きな味をとことん追求出来ることに大きな楽しさがあります。
スーパーやコンビニで、炭酸水を買ったり氷を買ったり、他にもジュースなど好きなもので「ふんわり鏡月」を割ってみて下さい。甘みが足りない人は砂糖やシロップ、ハチミツをお好みで出すのも良いですよ。お湯割りで温かい味わいを楽しみ、心を落ち着かせることも出来ます。
お酒に合うおつまみ、スルメやサラミといった定番のものから自分の好きなお菓子など、どんな味のものが合うのか探すのはとても楽しいです。毎回違った味が楽しめます。最近はネットで簡単にレシピを見ることが出来るので、おつまみを自作してみるのも新たな趣味になるかもしれません。
自宅で飲むお酒だからこそ、自分の好きな味、飲み方を追求していくことが出来るんです。単なるお酒の値段以上の付加価値があります。これはもちろん、他のお酒でも出来ますが「ふんわり鏡月」は味と飲みやすさからアレンジもしやすいので、初めてでも失敗が少ないかと思います。

最後に

チューハイやカクテルは比較的、手を出しやすいと思いますが焼酎となると一歩踏み出せずにいるお酒が苦手な方、お酒初心者、女性は多いと思います。でも用法、用量を守ればとても楽しく美味しく飲めるのがお酒です。
「ふんわり鏡月」は大変飲みやすく、お酒の楽しさを知るための最初の一歩として最適です。これをきっかけに他の焼酎も飲んでみて下さい。自分の好きな味を自分で探し、作っていくのもお酒ならではの楽しみ1つです。