無印良品、オーガニックコットン100%のショーツが心地よすぎる

そもそもなぜショーツにそこまでこだわるのか?
アウターと違ってインナーは直接肌に触れるもの。しかもショーツは大多数の人が毎日必ず身に着けているのではないでしょうか?(一部のパンツ嫌いの人を除いて…)
特に女性は、ストッキングやタイツ・レギンスなど、上からギュッと締め付けるものを履くことも多いと思います。
人は立ったり座ったり歩いたり…無意識に動いているうちに、肌に負担をかけているものです。でも肌触りの優しい生地を選べばその負担も減るはず。
ショーツにこだわれば肌トラブルも防げるのです。

無印ショーツの魅力

肌触りが素晴らしい

以前、私はそれほどショーツにこだわりは持っておらず、見た目の可愛さ、価格の安さなどで軽~く選んでいました。
ところがある年の冬、もともと乾燥気味だった私の肌が、更なる乾燥でひどいことに!体中に湿疹が出来、夜もかゆくて眠れないほどになってしまったのです。
皮膚科へ行くと、下着との摩擦で炎症を起こしているとのこと。
特に、スカートやパンツを履くことによる摩擦でウエスト回りと腰、下腹部はそれはひどい状態でした。

お風呂上りに下着を付けただけで肌に触れた部分がかゆくなり、辛くて泣きたいほどでした。でも真っ裸で暮らすわけにも行かないし…。
困り果てていた時に出会ったのが「無印良品・オーガニックコットンフライスミディショーツ」でした。

無印良品

オーガニックという言葉に魅かれて、とりあえず試してみると…なんと素敵な履き心地。フワッと優しいコットンが私の荒れた肌を包み込んでくれました。その時の安心感は今でも忘れられません。

シンプルなデザインが嬉しい

肌が敏感になっている時は、ちょっとした刺激も辛いもの。
ショーツに関しては、飾りで付いているレースがまず命取りです。ウエストや履き口の部分にあしらってある可愛らしいレースですが、肌に触れるとガサガサ擦れてかゆい!しかもレースはたいがい化学繊維なので余計に気になります。

その点、無印のオーガニックコットンフライスミディショーツはとにかくシンプル
レースは全く使用しておらず、ゴムの部分も締め付けの少ないものが使われているので安心して履いていられます。

商品タグが縫い付けてない!

衣類には洗濯表示などの商品タグが付けられていますが、たいがいは商品の一部に一緒に縫い付けてあります。

敏感肌にはこれが肌に当たると湿疹ができるほどの刺激になります。
でも無印のショーツにはこれが無く、洗濯や素材などの表示は腰の部分にプリントしてあるのです!これを知ったときは嬉しくて、思わず「これだ!!」と叫びたくなりました。笑。

縫いしろが無いのも嬉しい

縫い代のごろつき感を解消するため、 縫い目のない筒状に編み立てました。 肌へのあたりがやわらかく、 アウターにも響きにくいのが特長です。

縫いしろも荒れた肌の大敵ですが、無印のショーツは筒編みという製法でボディを仕上げてあるので、脇と後ろの縫いしろが無いのです。

ユニクロと比べて何が違うの?

形や素材、細部を比較

UNIQLO

実はユニクロからも「ショーツ(ベーシック・ジャストウエスト)」という商品が出ています。どういう違いがあるのでしょうか?

 

まずは形。これは無印もユニクロも極めてシンプル。レースも無いですし、ちょっと見はあまり違いが感じられません。
次に素材。無印は商品名の通り「オーガニックコットン100%」です。無印良品のWebサイトによると、農薬や化学肥料を3年以上使用していない健康な土地で、自然の仕組みに沿って育てられる綿花を使用。契約農場で栽培されたコットンがこだわりを持って使われているのです。
ユニクロの方は「綿95%、ポリウレタン5%」フィット感を優先してあります。

無印にも「オーガニックコットン混ストレッチミディショーツ」という商品があります。

これはやはりフィット感を重視したもので、「綿93%、ポリウレタン7%」になっています。

でも肌が敏感な時には、少しでも自然素材の多いものの方が嬉しいですね。
ユニクロにもコットン100%のショーツがないかと探したのですが、残念ながら見つかりませんでした。

また実際の商品を見せてもらいましたが、ユニクロのベーシックタイプはタグは縫い付けてあり、縫いしろもありました。「ウルトラシームレスショーツ」という商品ならタグも縫いしろもありませんが、コットン100%ではないです。

ウエストのゴム部分の素材は、

  1. 無印→ナイロン91%・ポリウレタン9%
  2. ユニクロ→ナイロン82%・ポリウレタン18%

見た目ですが、無印の方が幅が狭くて違和感なく履けそうな気がします。

色と値段の比較

無印のオーガニックコットンフライスミディショーツの色は4色展開。グレー・オートミール(肌色)・ピンク・ネイビーです。

ユニクロ・ベーシックタイプはブラック・ピンク・ワイン・ベージュ・カーキ・グリーン・ネイビーの7色。選択肢がたくさんあるのは嬉しいですね。

1枚当たりの値段は、

  1. 無印が850円(税込み)
  2. ユニクロは590円+消費税

どちらも複数の購入で割引があり、無印は2枚で1、490円(税込み)ユニクロは2枚で990円+消費税です。消耗品なので少しでも安く買えるほうが嬉しいですが、この差は素材の違いなどから来ているのでしょうか。

サイズ展開の比較

無印のサイズは、S・M・L・XLの4サイズ展開。対してユニクロはM・L・XLの3種類。小柄な人にはSサイズは嬉しいですね。

おススメの無印良品ショーツ

無印のショーツには他にもレースを使ったものや、オーガニックコットン無染色ショーツという商品(全体に色を染めていないもので、ボーダー柄になっています)などがありますが、特におススメなのが、「オーガニックコットン混ストレッチサニタリーショーツ」です。

無印良品ネットストア

肌が敏感になりやすい期間にどのようなショーツを身に着けるか?

女性にとっては大きな問題ですね。このショーツはストレッチ性を確保するためにポリウレタンが7%ほど使われていますが、実際に履いてみると締め付けずにほどよいフィット感。縫いしろもあるのですが、そんなには気になりません。もちろんタグも付いていません。これを使ってみて安心して過ごせるようになりました。

憂うつな期間を少しでも楽に過ごしたいという方にはおススメです。

最後に

年齢とともに肌の質などは変化していきます。今まで全然大丈夫だった可愛いレースの付いたショーツが急に履けなくなった時、とてもショックでした。

もちろんショーツを変えただけで肌荒れが治まったわけではありません。お風呂で使うボディソープや入浴後の保湿剤を色々と試したり、体が疲れすぎないように十分な睡眠時間を確保したり…。何度も皮膚科に通い薬を変え、生活を見直したりしながら少しずつ良くなってきました。

そんな中で無印良品のショーツに出会えたことは私にとって大きな喜びでした。湿疹がひどかった時は、締め付けがなく少しでも楽に過ごせるように…と、XLサイズのものを履いていました。普段はMサイズなので、家族からも「デカパン!」と笑われていました。

無印の商品は色や柄が少なくて素材重視。まあそこが魅力でもあるのですが、選ぶ楽しさがあまりなくて、以前は避けていました。
でもこんな経験を経て、今では無印サマサマ。笑。多少のモデルチェンジはあるものの、いつも変わらぬ商品を提供してくれているのは、これでなくちゃダメ!な人にとっては本当に強い味方です。これからもお世話になります!