もう10年以上愛用しているルイヴィトンの長財布「モノグラムマルチカラー」

ルイヴィトンってどんなブランド?
ルイヴィトンとはフランス発祥の有名高級ブランドです。フランスのスーツケース職人であるルイ・ヴィトンが創ったブランドです。
日本国内の有名デパートや、銀座などの一等地に店舗を構えています。
取り扱い商品は服飾や靴など多岐に渡りますが、最も人気なのは鞄や財布です。
そのラインナップは豊富で、財布一つとっても様々なラインアップがあり日本人にもとても人気のブランドです。

 ルイヴィトン長財布「モノグラムマルチカラー」って?

 ルイヴィトン長財布の種類

ルイヴィトンの長財布は大きく分けて4つの種類があります。
1つ目は「モノグラム」です。この柄はルイヴィトンの定番柄で、人気ナンバーワンです。Louis Vuittonの「L」と「V」を組み合わせたロゴが散りばめられた有名なデザインのものです。
2つ目は「ダミエ」です。この柄もモノグラム同様人気の柄で市松模様のような柄が素敵です。割と最近出始めたラインナップです。

3つ目は「ヴェルニ」です。これはモノグラム柄にエナメル加工を施し光沢仕様にしたもので、女性に人気です。落ち着いたカラーのものもあり、特に年配の女性に人気のようです。

4つ目は「エピ」です。この柄は割と昔からあり、横縞模様のシンプルなデザインで飽きがこない柄が男性に人気です。男性でこの柄のブラックの長財布を持っている人を多く見かけます。

 モノグラムマルチカラー長財布の魅力って?

 とても丈夫

私は13年ほど前にこのお財布がどうしても欲しくて、頑張ってお金を貯めてついに購入しました。
気軽に買えるような安価なものではないので、本当に一大決心でした。購入資金を貯めるのに一年以上かかりましたが、なんとか資金を作ることができました。
こうしてついに手に入れた念願のお財布ですが、実は未だに使っています。驚きなのが10年以上も毎日使っているのに、まだまだ壊れる様子がありません。
さすがに使用感は出てきましたが、外見はとても綺麗で、手垢などの汚れは住居用洗剤で簡単に落とせます。
内側部分も多少のへたれはあるものの、まだまだ長く使えそうです。
こんなに長く使えるのなら初期投資金額が多少高額でも、長い目でみればとてもコスパがいいと思います。

デザインがとてもかわいい

私がこのお財布がどうしても欲しいと強く思ったのは、その可愛らしいデザインに一目ぼれしてしまったからです。
この「マルチカラー」というシリーズが発売される以前のモノグラムは茶色しか色がなく、ちょっと地味な印象でした。
しかしこのマルチカラーが販売されてあまりの可愛さに衝撃を受けました。
カラフルなのですが、決して派手過ぎず、女性が好むデザインです。ベースの色に散りばめられたマークなどは10種類ほどの色を使って描かれています。
こんなにたくさんの色を使うとまとまりがなくなりそうな気がしますが、実際はそんなことはなく、適度なカラフルさがとても素敵です。

 中のレイアウトがとても素晴らしい

このお財布は先述した通り、可愛らしいデザインに一目ぼれして購入しましたが、実際使ってみるとその使い勝手の良さに感激しました。
私は免許証やクレジットカード、更にはポイントカードもとてもたくさん持っています。
このお財布に買い替える以前に使っていたお財布も長財布でしたが、このたくさんのカード類の収納にとても困りました。
結局入りきらずに別のカードケースを使うしかありませんでした。
でもこのルイヴィトンのお財布は、このたくさんのカード類を収納し切れて、ちゃんと蓋も閉まるしパンパンにならないのです。驚くほどの収納力です。
カードを一枚づつ差し込めるスペースは10枚分もあり、蓋をあけてすぐ取り出せる部分に4枚入るので、ここによく使うクレジットカードと銀行のカードを入れています。
奥の方にあと6枚入れるスペースがあるので、使用頻度の少ないカードをこちらに入れています。
個別になっていない収納部分もマチがついており、たくさん入ります。
私は全部で30枚以上は収納しています。こんなにたくさんのカードを入れて使っているのに破けたり古びてこないこのお財布ななんてすばらしいのでしょう!

中部分のレイアウトで一番気に入っているポイントは、小銭入れの部分です。
小銭入れは真ん中に大きく作られており、お財布の横幅と同じ間口で開閉でき、チャック式なのがとても使いやすいです。
チャックを開閉する部分のチャームのデザインもとても可愛らしくて、ルイヴィトンのロゴが刻まれています。このチャームを持って開閉するのですが、とても開けやすいのです。

お勧めのモノグラムマルチカラー

 何種類あるの?

モノグラムマルチカラーの長財布は大きく分けてジッパー開閉のものボタン式のものの2種類があります。
更にそれぞれの中で蓋の形状が違ったり内側の色が違ったりと様々な種類のものがあります。

 カラーは何種類?

メインカラーは2種類の色があります。白ベース黒ベースです。
購入するときに、どちらにしようかとても悩みました。
どちらもそれぞれの魅力があり、本当にどちらも素敵でなかなか決断できませんでした。
でも両方買うわけにもいかず、一緒に買いに行った妹の意見も聞きつつ決めたのは「白ベース」です。
黒はちょっと重たくて気取った雰囲気がしたので、白の方がカジュアル感があり嫌味がないかなと思い、白にしました。
これが大正解でした。本当に飽きることなく、未だに他のお財布に買い替えようとは思っていません。

 開閉はジッパーかボタンかどっちがお勧め?

私が購入したのはボタンで蓋を閉じるタイプです。ジッパーも良かったのですが、見た目の好みで私はボタン式が気に入ったのでこちらにしました。
ボタンが大きくて金色なので、アクセントになりいいかなと思ったからです。
ジッパーの方を使ったことがないのでなんとも言えませんが、ボタン式を選んだことは正解だったと私は感じています。
カードをたくさん入れてもボタンが閉まらないと感じたことは今のところ一度もありません。

最後に…

ブランドものの高いお財布はずっと憧れでしたが、あまりにも高くてなかなか購入するに至りませんでした。
しかしこのモノグラムマルチカラー長財布は、どうしても欲しくてたまらず、お金を貯めるのに1年以上かかりましたが、その1年の間に気持ちが冷めたら買うのをやめようと思っていました。

お金が貯まると、気持ちは冷めるどころか一刻も早く買いに行きたい!という気持ちだったので、迷うことなく店舗に買いに行きました。

そして10年以上も愛用していますが、未だに大好きで使い続けたいと思えることがとても幸せです。もうすっかり愛着が沸いて、処分なんてできそうもありません。

しかし、どのブランドもそうですが、ラインナップやデザインは常に進歩してどんどん取り扱いアイテムが増えています。最近は金銭面でも余裕がなく、どっちにしろ新しいものを買うのは無理そうなので最新ラインナップについて調べたりしていませんが、おそらく最新のものを見てしまうと欲しくなってしまうことでしょう。

新しいタイプが発売されるたびに買い替えられる金銭感覚の人がうらやましいとも思いますが、私は悩みに悩んでやっと買ったこのお財布が本当に愛おしくてたまらないのです。なので、なかなか買い替えられないこの状況も含めて満足しています。