大好きなアニメである「魔法少女リリカルなのはの魅力」について

そもそも「魔法少女リリカルなのは」って何?

「魔法少女リリカルなのは」のアニメは大人気アニメで現在、「魔法少女リリカルなのは」、「魔法少女リリカルなのはA’s」、「魔法少女リリカルなのはStrikerS」、「魔法少女リリカルなのはViVid」、「ViVid Strike!」の5期分が放送されています.時系列は主人公が小学生の時から成人後までが描かれています。

あらすじは?

最初は平凡な小学3年生だった高町なのはは、傷ついた不思議なフェレットのユーノが助けを呼ぶテレパシーを感じ導かれました。

保護すると彼の正体は異世界からやってきた少年だった。成り行きから事情を知ったなのはは、世界各地に散らばったジュエルシードを集めるべく、インテリジェンスデバイス「レイジングハート」を譲り受け魔法少女として活躍します。そして、新しい仲間たちとともにその秘めた力を開花させていきます。

最初ジュエルシードを集めていたのは、ユーノとなのはだけでなく、もう一人の魔法少女フェイト・テスタロッサと対立します。

しかし、なのはのまっすぐな優しさや強さにひかれ、終盤ではなのはのピンチに駆けつけた。シリーズが進み、当時小学三年生だったなのはやフェイトは大人になると、新しい魔法少女を育成していく。

魔法少女リリカルなのはシリーズの私の好きなキャラ2人について

フェイト・テスタロッサ

本作品の中で私の最も好きなキャラクターなので重点的に説明していきます。フェイトは初登場では、ジュエルシード探索を続けていたなのはの前に現れるて、当初は9歳でなのはと同学年でした。なのはと並びもう一人のヒロインです。

見た目の特徴は、金髪ツインテールでバリアジャケットが黒であるのと同様に普段着も黒色のものを着ていることが多いです。

なのはと出会った当初は、フェイトは幼いころから使い魔のリニスから戦闘訓練を受けていたため、なのはは手も足も出なかった。1期では母親のプリシラに言われ、ジュエルシードを集めていた。

フェイトは非凡な小学三年生で優秀な魔導士です。戦闘スタイルは、高い機動力を生かして中距離から近距離戦を得意とします。高速移動からの斬撃で一撃離脱を得意とします。

特にスピードは本作登場人物の中で最速と言えます。攻撃魔法にはを伴うものが多いです。スピードが早いため、その回避能力はすさまじいのですが、早く動くこと、鋭く研ぎ澄ますことに集中したため、バリアジャケットが薄いものとなってしまっているため、バリア出力の低さなどの防御力の面で難があります。

フェイトが使用するインテリジェンスデバイスの名は「バルディッシュ」で戦斧の二つ名を持っています。バルディッシュにより創られる装甲は黒ベースの服に赤黒のマントがトレードマークで、武器の形状も死神の鎌をモチーフにしています。フェイトは実は、交通事故で無くなった娘アリシアの遺伝子を使って作り上げた人造生命体です。

「フェイト」の名前は人造生命体を作製するプロジェクトのコードネームから来ています。1期の事件で母親のプリシアを失ったフェイトはリンディに養子に来る誘いを受けた。

この誘いを受けたフェイトは後に名前を「フェイト・テスタロッサ・ハラオウンに改名します。フェイトは様々な技を持っていますが、私が好きな技は、「フォトンランサーファランクスシフト」「プラズマザンバーブレイカー」です。

まず、「フォトンランサーファランクスシフト」はアニメ1期で使用されました。この技は、30発以上のフォトンスフィアにより繰り出されるフォトンランサーの一点集中拘束連射になります。

この技は呪文詠唱を必要としており、アニメでは、フェイトがなのはをライトニングバインドで拘束して時間を稼いで呪文詠唱をします。この技は命中さえすれば防げる相手はまずないと言われていたのですが、なのはには全くの無傷に終わりました。結果、その後、なのはの最大魔法である「スターライトブレイカー」によりやられてしまいます。

このなのはとの大激闘はアニメを何度も見直すほどのものであり、戦闘後には、なのはとフェイト間に友情が芽生えます。「プラズマザンバーブレイカー」はアニメ2期で使用された技になります。

強力な砲撃魔法でバルディッシュ・アサルトによのザンバーフォームにより使用されます。高速の儀式魔法によって雷を発生させ、そのエネルギーをザンバーフォームの刀身に蓄積させたうえで、フェイト自身とバルディッシュ・アサルトのカートリッジ全弾の魔力を重ね合わせ、雷光を伴った強力な砲撃として放ちます。私は、フェイトがこの技を出すときの一生懸命な姿が好きなため、この技もすきになりました。

高町なのは

本作のメインヒロインとなっています。そのため初登場は本作の一話目から登場します。
最初は私立聖祥大学付属小学校に通う、ごく普通の小学3年生でしたが、ユーノとであることにより、魔法少女となります。持って生まれた莫大な魔力と瞬間出力により高い防御力を持ち、圧倒的な火力で敵を圧倒する砲撃魔導士という戦闘スタイルを持ちます。

バリア出力、砲撃射程、魔力放出は本作品ではトップクラスになります。魔法においては天賦の才に恵まれた天才児です。なのははフェイトとは異なり、戦闘技術を実践で学んできたため成長速度はとても高いです。

魔力の収束と放射が得意であるため、遠距離戦闘を得意とするが、近距離戦闘ではお粗末な部分もある。フェイトが黄色の魔力光に対して、なのははピンク色の魔力光です。なのはの持つインテリジェンスデバイスは「レイジングハート」です。バリアジャケットは私立聖祥大学付属小学校の影響が強く出ている。

なのはの性格は、穏やかで誰にでも好かれる明るい少女です。人一倍正義感に強く、一度決めたことは何が何でもやり通す意思の強さを持っています。

逆に他人に言われたことは自分が納得しないと聞き入れない頑固者です。私が好きななのはの技は「スターライト・ブレイカー」「エクセリオンバスターA.C.S」です。

「スターライトブレイカー」は作中ではいろいろな場面で使用覚ますが、やはり私は、1期でフェイトとの戦いで使用されたものが一番好きです。

この技はなのはの魔力に加えて、周囲の魔導士が使用した魔力をも蓄積して使用することができます。

フェイトとの戦いでは、フェイトの全力魔法の「フォトンランサーファランクスシフト」の魔力をも吸収しているため、町のビルをもなぎ倒すほどの威力になっており、なのはのフェイトに対する思いの強さを感じることができました。「エクセリオンバスターA.C.S」は2期で闇の書に対して放つもので、補助効果付きの複合高速砲撃魔法です。

このアニメの見どころ

このアニメは2004年から最新のものでは2016年ととても長い間ファンの皆様に愛されている作品になっており、他のアニメとは異なり一つのアニメがずっと好きでいれるのではないかと思います。

また、主人公が小学三年生から年齢的にも成長していく過程が見れるので、自分の好きなキャラクターとともに成長していけているような気分になります。

この魔法少女リリカルなのはシリーズは普通の魔法少女もののアニメとは異なり、戦闘シーンも多くバトルアクションアニメに分類されるレベルであると思います。

これまでの魔法少女ものと異なるところは敵が悪者ではないというところです。敵も事情があり止むを得ず戦っているので、敵の心情も描かれており、味方だけではなく的にも感情移入することができます。一人でも多くのひとに私のすきなこの作品を知ってもらえたらいいなと思います。