大好きなTOMS classicsの魅力

そもそも「TOMS」って何?

2006年にアメリカ、ロサンゼルス在住のブレイク・マイコスキーという旅行家がアルゼンチンのある村を訪問した際に、裸足で遊んでいる子供達を見て、何とか彼らに靴をプレゼントしたいという思いが芽生え、“one for one”をモットーに、TOMS Shoes はスタートすることとなった。

”one for one” というのは ” 私も一足、君も一足” つまり、“私が靴を一足購入すれば君も一足靴を与えられる” というコンセプトだ。

靴を与えられた子供はその一足限りということではなく、その子達が成人になるまでサポートしてもらえるのだという。

とてもシンプルなコンセプトではあるが、かなり深い意味が込められているようだ。このブランドを立ち上げるまでにはかなりの苦労と努力があったに違いない。

ボランティア精神を大事にする海外セレブ達にも少しずつ愛されるようになっていき、定番のスリッポンはもちろんの事、サンダルやブーツ、スニーカーなどの様々な種類が出回るようになると、そのカジュアルなルックスとコンセプトが目にとまり、セレブ達だけでなく幅広い年齢層の一般人からの支持もあり、カリフォルニアでは夏の定番となっている。

TOMS

TOMS classics の何が魅力なの?

フィット感そして何よりバリエーションが素晴らしい。
TOMS classics は基本、裸足で履くのがおすすめだ。なぜなら裸足が一番足にフィットするように作られているからだ。サンダルの様にさっと履けて、スニーカーの様にフィット感がある感触を一度は試してみて欲しい。

デザインはどれもとてもシンプルだが、ユニークなカラーやパターンが沢山あるので、季節やイベントなどのコーディネートに合わせたりと、自分らしいTOMS classics を探すことも一つの楽しみだ。

TOMS classics は基本キャンバス地で作られており、インナーソールは革製だ。インナーソールには “one for one” とサイズと共に白い文字で書かれており、モットーを忘れない様にという意気込みが目に見えて分かる。

まさか、洗濯できるの?

さて、そんな夏の定番のTOMS classics だが、夏に裸足で履くとなると湿気の多い日本では汗ばんで足の臭いが気になったり、そしてそれをどのように対処していいかが問題になるが、TOMS classics、消臭スプレーと併用して、実は洗濯機で洗っても問題ないようだ。

勿論、人によって意見は違うが、TOMSファンの間では洗濯機で洗うのが一番早く綺麗になる方法だといわれている。

土などの表面とソールの汚れはあらかじめ落としておくことが必要だ。色落ち防止のため、水洗い、色物用の洗剤で洗う事をお勧めする。

インナーソールは剥がれないと思うので、無理矢理剥がす必要も無いが、洗濯しているうちに自然と剥がれてくる時もある。

そんなときは乾いてからまた中に入れれば履いている時に剥がれるという心配はない。脱水を終えてそのまま形を整えて日陰に干しておけばいつでもフレッシュな状態のTOMSが楽しめる。

しかし、間違っても絶対に乾燥機にかけてはならない。インナーソールとキャンバス地の接着部分が熱で溶けて剥がれる可能性がある事と、ソールが乾燥機の熱によって型くずれ、もしくは最悪の場合溶けてしまうからだ。

ソールが溶けてしまわなければ、キャンバス地の部分がたとえ色落ちしてきても、それもまた味となり、ユニークな自分らしさがでるのではないだろうか。

 おすすめのTOMS classics

一番のおすすめは、やはり定番の無地のTOMS classics だ。

どんなコーディネートにでもあうという事から絶大な支持を得ている。

そして、長く使えるということと、履けば履く程いい味がでてくるからだ。私が以前持っていた紺色のTOMS classicsは何回も洗濯しているうちに、色落ちがすすんで、ジーンズ生地の様な色合いになり、ショッピング帰りの人に色を尋ねられた事さえあるくらいだ。

勿論、洗濯して色落ちの状態だということと、買った当初は紺色だった事をつたえると、洗濯できるの!?と驚いていた事を覚えている。

そしてもう一つTOMSファンの間での定番といえば、無地のTOMS classics にオリジナルのペイントをすることだ。

なんだか中高生の上履きのような感覚だが、これがなかなか面白い。油性マジックや、アクリル絵の具でペイントすれば洗濯をしても水洗いならそこまで目立った色落ちすることもないようだ。

サイズも豊富なので、子供サイズのTOMS classicsを購入して、好きな映画や漫画のキャラクターや、名前などをお気に入りの色でペイントすれば世界で一つのオリジナルが完成する。

また、親子やカップル、双子の間でペアを作ったりと、ステンシルなどを利用すれば、楽しくDIYが可能になる。

自分の美的センスが問われるのは確かだが、世界に一つしか無いTOMS classics を作れるのはかなり嬉しい。そして、イラストに自信がある人はそれを友達や恋人にプレゼントしたり、需要に合わせてペイントすればビジネスにも繋がるというメリットもある。

自分にあったサイズ、TOMS classics の選び方

まずはTOMS classics をどのくらいの頻度で履くかということに重点をあててみよう。

毎日履きたいという人は、ある程度自分のコーディネートにあう色を把握して置く必要がある。どんな毎日のコーディネートにも無難に対応できる無地のTOMS classics はかなり重宝するので何足か持っておきたい。

そして、季節やイベントなどのコーディネートに合わせて時々履きたいという人は、これ!というTOMS classics を選んで頂きたい。

というのはカラーバリエーションは勿論の事、パターンも豊富なので、シンプルなシャツとジーンズでも、無地のワンピースやレギンスでも、足下をオシャレに飾れる事は間違いない。レースやラメが入っているTOMS classics もあり、夏にはもってこいの女子力UPアイテムだ。
次は、素足で履きたいか、中にソックスやストッキングを履いた状態で靴を履きたいかによって選ぶサイズが変わってくる。

薄いソックスやストッキングだけでも足に伝わる感触は変わってくるのでソックスやストッキングの厚さに合わせて 0.5cm 大きめのサイズを試してみて欲しい。

万が一はじめに、少しどこかに当たる感覚やキツい感覚があったとしても、キャンバス地なので長く履いているうちに少なからずのびてくるというデメリットもあるが、よく言えば自分の足に馴染んだ良い状態のフィット感が生まれるというメリットに逆転するといえる。

 最後に

ユニークなカラーやパターンから、目でも楽しめるTOMS classicsだが、なにより裸足での履きごこちを試して頂きたい。

プロジェクトとしてオリジナルのTOMS classics をペイントしてプレゼントしてみるのも良いだろう。沢山のカラーやパターンの中からこれ!という自分にあったTOMS classics を見つけて頂きたい。そして購入した際には世界のどこかであなたによって靴を与えられた子供がいるという事をぜひとも思い出して履いて欲しい。