三浦技研、エポンといった地クラブと呼ばれるゴルフクラブが好き

そもそも地クラブって何?

「地クラブ」というのは、日本のメーカーならばダンロップやブリジストンやミズノやホンマ、海外のメーカーならばキャロウェーやタイトリストやテーラーメード等々といった大手のクラブメーカーではない、小規模なクラブメーカーが作るクラブのことで、地方のクラブ、地元のクラブとかいったところから総称して「地クラブ」といった呼ばれ方をしています。

地クラブの魅力

魚や野菜なんかだったら地元でとれたものって新鮮でいいものがありそうなイメージがありますが、工業製品であるはずのゴルフクラブって新鮮である必要はないですから、そもそも地クラブの魅力ってなんでしょうか?

もちろん、巷にあふれる大手メーカーのクラブが悪いとかいうわけではないです。それなりにみんな素晴らしい品質のクラブで性能に変わりはあるわけではありませんし、もちろんかっこいいです。

プロも使っていますし、間違いがあるはずはないです。大手量販店等でも沢山並んでいて気にいったものが手に入りやすいかもしれません。

それに比べて地クラブというのは、大手の量販店では売っていなかったりもしますし、もちろん有名なプロが使っているわけではありません。逆に町では目立たないゴルフ工房等でしか取り扱っていなかったり、プロも含めてまわりにもっている人がいなかったりもします。

そんな地クラブの魅力とは、ずばり「希少性」と「普遍性」みたなものです。希少性とは、ひとつには周りで持っている人があんまりいないから、他の人とかぶりにくいということが所有欲を満足させてくれたりします。

どうしても大手メーカーのクラブの場合はまわりの人とかぶってしまうということがよくあります。まわりの人が持っていないものを持っていたりするのってやっぱり気持ちよかったりもします。

そして普遍性とは、大手のメーカーのクラブは毎年のように新しいモデルがでてきたりもしますが、地クラブの場合はそれほど頻繁にモデルチェンジを繰り返したりもしません。

もちろん、新しいものを開発するためのコストの問題等もあるかもしれませんが、やっぱり自分の使っているクラブがどんどん古いモデルになっていくのはやっぱり悲しかったりもします。こういった点から地クラブが人気となっています。

地クラブの性能って、どう?

小規模なメーカーで作っているといっても、地クラブの性能が他の大手メーカーのクラブに比べて性能面で劣るということはありません。

むしろ、小ロットでの生産体制を維持しているので、品質管理では地クラブの方がいい場合もありますし、小ロットでユーザーを絞った商品を開発してくるのでむしろ、使い手によってはぴったりはまれば地クラブの方があっている場合というのもあります。いわばとがった商品を提供できている場合もあります。

思い出に残る地クラブメーカー

三浦技研

三浦技研というのはアイアン等のヘッドメーカーで鍛造という作り方で、クラブを作っています。特に、職人さんの手作業による匠の技の印象が残るメーカーです。

私はそこのアイアンを持っていたのですが、マッスルバックという伝統的な形のヘッドなのですが、見ているだけで見とれてしまうほど美しい出来映えでした。

もちろん、美しさだけではありません。美しさの他に、ゴルフクラブでよく語られる打感といわれるものにも優れています。打感というのはボールを打った時の手に残る感覚のようなものですが、軟鉄という柔らかい素材を鍛造という叩いて仕上げる製法でヘッドにつくりあげていて、とても心地のよい柔らかい感触が残るのです。もちろん、大切な性能面でも劣ることはなく、とにかく心に残るようなクラブでした。

エポン

エポンというのは遠藤製作所という、ゴルフクラブのOEMを手掛けている会社が自分で立ち上げたブランドです。

アイアンはもとよりドライバーやフェアウェーウッド、ユーティリティーといったものまで手がけていて、そういう意味では地クラブと呼ばれるもののなかでは、比較的な大規模なものになってくるかもしれません。精度や質にこだわっていて、ゴルフクラブ好きの間では評判を呼ぶものとなっています。

私は、アイアンもウッド系も持っているのですが、どちらも綺麗な顔でそして、上質な仕上がりとなっています。そして、これも打感が素晴らしく、ゴルフクラブに大切な飛距離性能にも優れているように思います。

地クラブについて知っている方ならみなさんが誉めてくださいますから、ちょっと気分がよかったりもします。

この質感というのは表現の仕方が難しいのですが、はっきり言ってそこそこの値段がする地クラブの値打ちを感じさせてくれるものが多いです。それだけ、すべての部分で妥協なく作りあげられているのだと思います。

J-Beam

このメーカーのドライバーの飛距離というのは、今でも忘れられません。決して、万人向けのクラブというわけではないですし、だれでもが使いこなせるというものではないとは思いますが、ヘッドからボールが離れていくときの初速の速さ、強さみたいなものは、他の追随を許さないものがありました。

極限ギリギリまで研ぎ澄まされた道具を使っているような感じで、これも地クラブならではのモノづくりに対する考え方の現れだと思いました。

設計面でも飛距離を意識して、やさしさを極限まで無視して作る、あるいは製品としても極限までヘッドの肉厚を薄くするといった地クラブメーカーの小ロット生産でしかなしえないようなクラブヘッドを作ってくれました。

どんな人に地クラブはむいているの?

道具好きの方

道具に対する欲求やこだわりの強さというのは男性ならば、思い当たる方も多いかと思います。単なる製品としての道具ではなくて、目で見て手で触って、側においてその価値を楽しんだりすることが好きな方は多いと思います。

ゴルフクラブのなかでも地クラブと言われるものの魅力もこのあたりにあって、所有するだけでそんな男性なれではの欲求を満たしてくれるものですので、ゴルフをされる方のなかでも、そういった道具好きの方はきっとはまり込んでしまう余地があると思います。

そして、見た目もそうですが、打感等も含めた質感の高さは、道具が好きな人にはたまらないものだと思います。

ゴルフクラブも長く使いつづけたいといったことを思っている方

大手メーカーのクラブというのはアパレル感覚で毎年新しい、クラブがでてきたりもします。そうではなくて気に入ったもの、スタンダードなものを永く使いたいという方には地クラブというのはおすすめだと思います。いわゆるモデルチェンジが頻繁に行われるとかいうわけでもないですし、他に持っている方も少ないですから、同じクラブを手入れしたり修理したりしながら長く使いつづけたいという方にはおすすめです。

まわりと違うものがもちたい方

これも、地クラブの特徴で、まわりにもっている方が少ないですから、その点で少し優越感みたいなものを感じることができると思います。カートに並んでいるゴルフクラブの中身を見比べているだけでちょっと気持ちがよかったりもします。

飛距離等特化した性能を求める方

大手メーカーのクラブというのは大量に作って大量に売らなければいけないので、ある程度最大公約数的なモノづくりにせざるをえないですが、地クラブならばとにかく飛距離が欲しいとかいったとんがった要求にも堪えてくれることが可能だと思います。だからこのように特化した性能を求められる方には地クラブはおすすめです。

最後に

私が地クラブにはまったきっかけは、あるショップで試打用のクラブを見てその美しさに魅了され、打ってみてその感触が忘れられなかったことが始まりでした。それからはゴルフクラブは単なる道具ではなくなった気がします。こんな楽しみ方を楽しんでいます。