みんなが大好きな「ケンタッキーフライドチキン」その魅力とは

「そもそも、ケンタッキー フライドチキンとは?」

「ケンタッキー フライドチキン」は、株式会社日本KFCホールデイングスが運営、展開する外食チェーンです。現在ではリピーターに「ケンタッキー」という愛称で知られており、日本の第一号店の沿革は1970年にまでさかのぼります。当時三菱商事との費用の折半により出店した店舗は、現在までに数を増やしてゆきました。
企業理念の「やっぱりケンタッキー」を信念に今日に至ります。

「ケンタッキーフライドチキン」のグループ企業は、レストラン産業の株式会社ピザ ハット 、ケイ フード株式会社などを含めて数社があります。「ケンタッキー フライドチキン」は全国各地のロードサイト店舗からショッピングセンター内などに出店されており、テイクアウトから店内の食事に至るまで多くの顧客に利用されています。

主なメニューはフライドチキンの単品売りからパック売りまでを行います。
最も力を入れているのは、クリスマスシーズン、年始年始などのパーティー用のパックです。
ジュースやコーヒーなどのサイドメニューはファミリーレストランや他の外食産業及びファーストフード店には商品数が少ない傾向があります。顧客のほとんどの目的は、オリジナルのフライドチキンの味です。この味は未だに誰も真似ができない幻のレシピを使用していると言われています。

ケンタッキー フライドチキンの何が魅力的なの?

カーネルおじさんのキャラクターが人気の秘密

「ケンタッキー フライドチキン」といえば、昔から店舗の前に鎮座する「カーネルおじさん」の存在が有名です。白いタキシードを着たカーネルおじさんのトレードマークは世界的に有名ですが、1970年代以降に誕生した世代では、「ケンタッキーフライドチキン」のカーネルおじさんのCMを見て育っています。とくに、クリスマスシーズンには、「ケンタッキーフライドチキン」のCMは注目されます。クリスマスシーズンにはスペシャルセットが用意されているため、CM効果が功を奏してクリスマス前日の24日から翌日の25日までは商品の売り切れがおこります。

イベントごとのパック売りが人気の秘密

クリスマスシーズンといえば「ケンタッキーフライドチキン」、「ケンタッキーフライドチキン」といえばクリスマスシーズンというように日本国内にすっかり定着しています。
イベントごとのパック売りが強みの「ケンタッキーフライドチキン」では、年末年始のご馳走にもいつの間にか仲間入りしたケンタッキーです。
シーズンオフのケンタッキーフライドチキンは、テイクアウトという利便性がアウトドアのランチに人気です。
最近はクリスマスシーズンには事前予約を開始されたり、モーニングやランチ商品、ひな祭りパックなどにもフライドチキンを食す機会を広げているようです。
昨今では大勢で集まるイベントには「ケンタッキー、フライドチキン」を買うという習慣さえあるほどに流通しています。

唯一無二のチキンのレシピが人気の秘密

「ケンタッキーフライドチキン」のチキンは脂っこくないので、老若男女にとても人気の商品です。柔らかく食味がよいチキンの味も特徴です。もっとも特筆するべきことは、ケンタッキーフライドチキンの味付けのレシピは企業秘密とされているのですが、本来はケンタッキーフライドチキンの一号店が出店される以前に、一般人が開発したレシピだという噂があります。
いずれにしても、ケンタッキーフライドチキンのチキンの味は唯一無二の味です。

「ケンタッキーフライドチキンでおすすめのメニューは?」

スタンダードなチキンがおすすめ

ケンタッキーフライドチキンには数種類のメニューがありますが、いたってチキンは同じ物です。パックの個数やオプションを変えて販売されているところが特徴です。
いわゆるジャンクフード店のために、バラエティを求める場合は、季節限定商品の生姜味のフライドチキンや、香辛料の強いものなど、稀に発売される新商品も年配層に人気です。

しかし、ケンタッキーフライドチキンはイベントごとのパックが売りです。
もっともおすすめの商品は、ひな祭り、クリスマス、年末年始のパックを注文することです。
フライドポテトやコールスロー、コーヒーなどのサイドバックを選ぶことで、料金設定が異なります。クリスマスには何故か食べたくなるケンタッキーフライドチキンです。
チキンのレシピは企業内秘密と言われていますが、未だに世間に情報が公開されていないことが人気を博している秘訣です。

「ケンタッキーフライドチキンは他店のファーストフードと何が違うのか?」

値下げのない安定したチキンが魅力

マクドナルドやモスバーガーなどお手軽にテイクアウト出来、店内でも飲食ができる競合他社のファーストフードは存在しますが、ケンタッキーフライドチキンの強みは、いつまでも変わらないフライドチキンのレシピに由来されます。
また、イベントごとにはパックの販売が行われますが、フライドチキンの価格自体はマクドナルドのように、頻繁に値下げがないことも魅力のうちです。

アレルギー情報、野菜の原産地などの食品情報を公開している

野菜やチキンの原産地情報、アレルギー情報の公開、社会活動の公開なども利用する際の目処になります。

「ケンタッキーフライドチキン」のドライブスルーは普段は空いている

ケンタッキーフライドチキンは、イベントごとにパックの売り出して力を注いでいるので、日常では土日祝日でもドライブスルーが空いていることが多く見受けられます。店内も混み合うことは平日ならば少ないという傾向があります。

「ケンタッキーフライドチキン」はチキン以外のお肉料理がなく、あくまでチキンが主体

牛肉や豚肉にこだわらずあくまでも、チキンが主役のケンタッキーフライドチキン。
ぶれることがないメニュー内容に魅力を感じる人も多いのではないでしょうか。

「ケンタッキーフライドチキン」はコーヒーが美味しくない

今やコーヒー激戦というほどにコーヒーが主流ですが、ケンタッキーフライドチキンのコーヒーは目立って美味しいという評判はありません。しかし、これがケンタッキーフライドチキンをチキン屋としていることにならしめているのです。

このように「ケンタッキー フライドチキンの魅力はいつまでも変わらない味」に所存するところが大きいのです。

「ケンタッキーフライドチキン」のCMは季節の節目ごとに盛大に放映される

イベントごとの売り出しが強みのケンタッキーフライドチキンですが、クリスマス、年末年始のCMを見たことがない人はいないのではないでしょうか。
テーマはあくまでも家族や恋人などの大人数でのシーンですが、これはケンタッキーのパック売りを目的にしているためです。

まとめ

今や国内でも「ケンタッキー フライドチキン」の名を知らない人はいないのではないでしょうか。
日本国内で一号店が出店されてから、息の長い外食産業の「ケンタッキーフライドチキン」の味は変わらず、守られてきたようです。ほとんどのリピーターはフライドチキンの唯一無二の味を好んで来店しています。チキンの値下げは行わずにパック売りでお得感を押し出している「ケンタッキーフライドチキン」ですが、創業当時からのレシピによる味が守られる限りはリピーターが離れることはないと思います。
なぜかクリスマスには食べたくなるケンタッキーフライドチキンですが、これからもその人気は健在しつずけると思われます。