【チロルチョコの魅力に迫る】君はチロルチョコの広さを知っているか

チロルチョコって??
チロルチョコを小さい頃に一度はみんな食べたことがあるのではないでしょうか。小さな正方形の形をした可愛らしいチョコレートで名前はオーストリア西部のチロル州に由来しています。

アルプス地帯の一部に位置していて美しい自然や澄み切った空気の高原地帯であるチロル地方のようにさわやかなイメージを持ったお菓子でありたいという想いから作られています。これからそんなチロルチョコレートの魅力に迫っていきたいと思います。

チロルチョコレートの魅力

なんといっても値段が安い!!!気軽に買える♪

実は現在売られているチロルチョコレートには2種類のサイズがあることは知っていますか?アソート品などに入っているチョコレートのほかにバーコードが入る大きさにした一回り大きなチョコもあります。

コンビニやスーパーなどで売っている1つずつ買うタイプのチョコレートはまとめて買うチロルチョコよりも少し大きいのです。小さい方は1個10円。大きい方でも1個20円ととてもお安く気軽に買えちゃいます。小さい子どもがおこづかいで買うのにもよし、OLさんがちょっと疲れた日の帰りにコンビニに立ち寄って買うのにもよし、学生さんが試験勉強の合間のリフレッシュに買うのもよし、と様々な人が気軽に買えちゃいます。

チロルチョコの優しさ♪

また、10円へのこだわりはチロルチョコの優しさでもあります。チロルチョコが初めて作られた1962年当時、チロルチョコは今とは違った形をしていました。3つのお山が横につながった長方形で10円という値段で売られていたのです。しかし、その破格を維持するのは難しく一度は20円、そしてついに1976年には30円に値上がってしまいました。

 

しかし1979年、やっぱりチロルチョコは10円でなければ!と3つの山を1つの山にして現在の形のチョコレートを生み出し再び10円という値段で売られ始めました。10円という安さにはチロルチョコのウレシイ価格で手に取ってもらいたいという優しさが詰まっているのですね。

味の種類が豊富!有名商品とのコラボ商品♪

チロルチョコ

2011年から5年連続で、モンドセレクションにおいて最高金賞を受賞したという生キャラメルで有名な北海道の花畑牧場。そんな花畑牧場の原料の一部を使用したキャラメル生チョコレートがローソン先行販売で2017年1月30日に発売されました。

 

他にもチョコレートの有名店ロイズや、冷たい石の上で歌いながらかき混ぜるアイスクリームで有名になったコールド・ストーン。白い砂糖のついた雪の宿というおせんべいでおなじみの三幸製菓まで様々な有名企業や商品とコラボした商品を次々と生み出しています。

これらの商品はローソンやセブンイレブンなどの店舗限定で発売されることが多いので是非こまめにチェックしていろいろな味を試してみたいですね!

おじいちゃん、おばあちゃんも楽しめちゃう

お年寄りの方の中には小さい頃にはチョコレートはあまり売られていなかったのでまだまだあまりなじみがなくてそんなに食べないという方もいらっしゃいますよね。私の祖母もそんなお年寄りの中の一人です。

 

しかし、チロルチョコには和菓子をテイストにしたものもあるのです!!きなこもちやいちご大福、さくらもちなどの味がありお餅の食感も感じられてもはやチョコレートの枠を超えています。

私の祖母にもをあげてみた所、最初はチョコというだけで嫌っていたのにすっかり大ファンになってしまい、同じようなお友達にも持って行ってあげたり、さくらもちなどが発売されるといつの間にか買ってきていたりと今では家族みんながチロルチョコの大ファンです。

旅行先でチロルチョコ探し♪

チロルチョコは地方限定のご当地チロルチョコも発売しています!例えば京都では八つ橋味のチロルチョコ、信州(長野県)限定のリンゴ味、四国ではポンジュースなどいろいろな味があります。旅行先に行ったら限定のチロルチョコがないか探してみるのも楽しいかもしれませんね。

パッケージも楽しい!同じ味でも種類がたくさん♪

あなたの周りにはチロルチョコの個包装をコレクションしている人がいませんか?

実はチロルチョコのパッケージは同じ味でも何十種類ものパッケージがあるのです。明らかにデザインが違うものもあれば発行された年が入っている物もあり、スケルトンになっているものもありと様々です。集めだすときりがないくらいとってもたくさんのパッケージがあります。

季節に合わせた贈り物

季節限定商品もたくさん発売されています!おなじみの味でもバレンタインには義理チョコ用のアソートパックやメッセージを書き込むことが出来る容器など様々な形で発売されます。

 

ひなまつりにはひな壇がつくれるおひなさまのパッケージのチロルチョコも発売されたり、クリスマスには雪だるまやサンタさんが可愛いクリスマスパックが発売されたり、ハロウィンにはかぼちゃとおばけのパッケージで発売されたりと季節ごとのイベントに合わせて楽しめちゃいます。お安めなので気軽な贈り物にもぴったりですね。

キャラクターともコラボ♪

チロルチョコは有名な商品とコラボしているということをすでにお伝えしましたが、可愛いキャラクターたちともたくさんコラボしています。例えば、ぐでたま、ハローキティ、エヴァンゲリオン、くまモン、ディズニー、進撃の巨人、などなど挙げだすときりがないくらいたくさんのキャラクターとコラボしています。

特にキティちゃんはご当地キティちゃんともコラボをしているのでこちらもまた旅行先で探してみるのが楽しいかもしれませんね。

オリジナルチロルチョコが作れちゃう♪

DECOチョコというサービスを知っていますか?チロルチョコは包み紙を自分の好きなものに出来るサービスがあるのです!お手軽に500種類以上のデザインの中から好きな文字やイラストの入ったチョコレートを選べるものやオリジナルの写真や画像を使えるものがあります。

 

決まったデザインの方は1粒からの注文が可能というところも嬉しいですよね。1つ1つに違う文字を入れてメッセージや名前を作ることもできちゃいます。専用のギフトボックスなども売っているので綺麗にデザインできますよ。

オリジナルの画像の方は45個1パックとなりますが、味をミルクとホワイト&クッキーの2つの中から選ぶことが出来ます。もし、45個は多い。という人がいてもミルク味だけになってしまいますが、プチギフトという15個×画像3種類というものも選択できます。

WEBから注文が出来ますがすぐに欲しい!という場合はDECOチョコStoreに行くと決まったデザインのものはその場ですぐ商品を手に取れて、オリジナルの方でも2時間で完成するというのがいい所です!

ぜひ結婚式や誕生日、記念日などにオリジナルのチョコを作ってみてはいかがですか?

おまけ

特にDECOチョコや、ご当地限定品など、包み紙を捨てるのがもったいない!という声から生まれた商品もあります。まずは、キーホルダー。チロルチョコと同じ形の本体に包み紙を巻いてボールチェーンをつけることでキーホルダーとしてカバンに着けることが出来ます。お値段も税抜き200円(2017年2月現在)とそんなに高くなくていいですよね。

 

そしてもう1つはマグネット!こちらも包み紙を本体に巻くだけととても簡単。そしてなんとお値段税抜き100円。(2017年2月現在)本物のチョコが入ったものをもったいなくて食べられなくていつの間にか溶けちゃう。。。なんてこともなくなるとっても便利な商品ですよね。お気に入りのチロルチョコレートのパッケージを見つけたらこんなものも活用してみたらいかがでしょうか?

最後に

さて、たくさんのチロルチョコの魅力に迫ってきましたが、どうだったでしょうか?大人から子どもまでみんなが様々な方法で楽しめるチロルチョコ。ぜひいろいろなチロルチョコを楽しんでみてくださいね。パッケージもよく見てみると新たな発見があるかもしれませんよ。