大好きなハーゲンダッツのアイスクリーム☆

そもそもハーゲンダッツって何?
庶民的過ぎず、ちょっとだけ大人っぽい、高級感のあるアイスクリームのメーカー名です。

ハーゲンダッツの魅力と特徴

特別なときに相応しいアイスクリーム

自分はスイーツが大好きで、もちろんアイスクリームにも目がないのですが、そんな私の中でもハーゲンダッツのアイスクリームとは、「普段使いのアイスクリーム」としてではなく、「特別な時に特別な思いで味わって食べるアイスクリーム」としての位置づけとなっているといえるでしょう。
例えば、趣味のプロ野球観戦に出かけたときの話でいいますと・・。
たいていは、ひいきのチームがめでたく勝った時には、試合後にはコンビニに寄って、ハーゲンダッツのアイスクリームを買って、宿に帰り、アイスで乾杯!祝勝会!で盛り上がります。
逆に、残念ながら負けてしまった時には、気力があればせめてもの安いアイスでしょんぼりお疲れ会・・。でねぎらい合う・・・といったように、その差は歴然です。
余談ですが、「勝ったら、少々高くてもハーゲンダッツ!奮発して2個でも買っちゃおうか!」くらいの勢いで、「負けたら、いくら安いアイスでも、買うのはやめようか・・。」というくらいの大きなテンションの差だということだと思っていただければわかりやすいかと思います。

ユーミンさんもハーゲンダッツのファン!?

それと、昨年の夏ごろでしたか、ラジオを聴いていた時に、なんと、あの大スター、ユーミンさんも、そのハーゲンダッツのアイスクリームの大ファンだって言っていたのです。しかも、ユーミンさんがその時に言っておられたのは、「自分が何かを頑張った時のごほうびとして、(そのときにはお気に入りらしき具体的な種類名を出しておられたような)それを買ってくるんだ☆」という内容でした。
ということは、彼女も自分と同じように、何かいいことがあった時に自分へのご褒美やお祝いとして食べる特別なものとして、このアイスのことを位置づけているのだ!と思うと、光栄でもあるし、こんなことをしてるのは自分たちだけじゃないのだな~とかなりうれしかったことを覚えています。

今はお店で売られているだけ

ハーゲンダッツ

ここも以前は、サーティーワンとかその他、都会にあるアイスクリームパーラーのように、各店舗で、コーンやカップで食べられるのはもちろんのこと、パフェやサンデーなどのようないろんなメニューで食べることもできていたのですが、なぜだか、数年前、全国的に店舗は閉鎖となり、今ではお店で売るだけになったらしいと聞いています。
今となっては、コンビニやスーパーで、いろんな種類の味のカップや、クリスピーサンドという形のものが売られているだけとなったようです。時々パフェタイプというのもあるらしいです。(これが一番値段が高いといわれています。)中には数種類の味の小さなカップの6個入りや8個入りのセットがあるようです。
いろんな味を少しずつ食べていきたい私は、レジャー時ではない時の、ごくたまにこれを買って食べています。
クリスピーサンドも時々食べてはみるし、おいしいのですが、自分にとっては食べにくいので、やっぱり、結局いつもカップのタイプを気に入って食べています。

場所によって値段に開きがあるようですが、たぶん、200円台から400円台の間に納まるような分布ではないかと思います。
ちょっとだけ身近で調べた感じだと、カップのタイプがあるスーパーでは250円だというのに、コンビニではだいたい300円台以上だということでした。
そういえば、うちの近くに、毎週同じ曜日にアイスクリームの特売をするスーパーがあるのですが、なんと、いやがらせのように「ハーゲンダッツは対象外・・・」となっていて、
ここでもある種の特別な感じを漂わせています。
これらのことから考えてみても、我々の、野球観戦での勝利の時には、自分たち的にはかなりの奮発をしているということがわかります!やはりそれだけの特別な存在なのです。

サーティーワンとの違い

都会にあるような、たくさんのおしゃれでバラエティに富んだお店を知っていたらもっと比較もいろいろできるのでしょうが、残念ながら、田舎町に住んでいるため、対象サンプルが少なく、寂しい比較しかできないのです。
それでもひとまず最寄りにあるサーティワンと比較してみます。
時々こちらも利用しますが、値段的には大体同じような感じでしょうか。

われわれの町に限って言えば、ほかの店と比べたら、バラエティに富んだおいしいアイスクリームを、好みの形で、店舗で飲み食いできるのが、まあサーティワンの便利なところです。
この点に関しては、もちろんハーゲンダッツは勝てません。(まあ、全国的にそうなのだからしょうがありませんが。)

年明けに、そのサーティワンのあるキャンパーンの景品目当てで、まとまったアイスクリーム買わなければならなかったので、その時にも、まあまあ奮発して買ってみました。この店でも、いくつかお気に入りの味があるので、今まではいつもそればっかり食べていたのです。しかし、今回はたくさんの種類を選んだ方がよさそうなルールのキャンペーンだったので、久しぶりに、ここのバニラも頼んでみました。いつぶりか忘れるぐらい、ひさびさのサーティワンのバニラを食べました。それで気づいたことがこれです。

確かにおいしい。けど、ちょっとすっきりしすぎてるかなあ・・。という印象だったのです。どうもしっくりこない、この感じはなんだろう・・。とずっと考えてたら、わかりました。いつのまにかハーゲンダッツのバニラと比べていたみたいです。長いこと、ハーゲンダッツのバニラは、まあまあの頻度で食べているので、その味に慣れてしまったのか、やはり自分の口に合うのかなあ、という結論です。でも、自分だけの感覚じゃあ、あんまりあてにならないかなあ・・・。とも思ったりして。
ただ、その後に、一つ安心した出来事がありました。キャンペーンの景品ゲットのため、結構な量のアイスを食べるのに付き合ってくれた母も、その時のバニラに対してのひとことが、「何か物足りないね~。」だったのです。彼女も時々ハーゲンダッツを一緒に食べるから、同じ意見だってことで、うれしかったのです。

やっぱりハーゲンダッツはおいしんだよね

ついでにもう一つ思い出したのが、何年か前になりますが、コンビニにて、ある母娘の会話です。この母は、「自然命・人工のものは大嫌い・」という少々面倒くさい人物のようです。

わかりやすく、簡単に言えば、「味の素のような人工調味料なんか、使っちゃだめよ!」という人のようで、自分のお料理ではかなり材料に気を配る人のようでした。

 

その時、一緒にいた娘さんが、「ハーゲンダッツ食べた~い!買おうよ~!」と言っているので、私も心の中で、(「うんうん!買おうよ~!」)とうなずいたのですが、その時の、その母が言った言葉は、「ねえねえ、ハーゲンダッツのアイスってなんか甘すぎるというか、しつこ過ぎない?私こういう不健康そうなもの嫌いなのよね~」というものでした。

 

しかし、そこで、娘さんの放った言葉はこうでした。「お母さんのいうことも分かるし、自然のおいしさもいいものだろうし、それが体にいいのも分かるけど、やっぱりなんか違うんだよね~。やっぱりハーゲンダッツのおいしさは違うんだよね~。」「ふ、ふ~ん・・。」なんだかよくわかりませんが、娘さんの熱意により、その母娘はそろってハーゲンダッツを買っていきました。このように、大スターから、この時のような若い娘さんまで、みんなを魅了するハーゲンダッツのアイスクリームでした。

おすすめの味

ちなみに私が以前から好きなハーゲンダッツアイスクリームの味の種類は、クッキー&クリームです。
あと、期間限定商品には弱く、出る度にどうしても目がいってしまいます。ただ、今回こうやって話に出てしまったので、近日中に、バニラを買って食べたいと思っています。
やっぱりハーゲンダッツは最高です。