私の大好きなハワイの魅力をご紹介

多くの日本人観光客が好んで海外旅行先に選んでいるハワイ諸島のなかのオアフ島は、アメリカ合衆国イリノイ州に位置しアメリカ合衆国50番目の州に認定されています。

周辺を太平洋に囲まれたハワイ諸島は、カウアイ島、ニイハウ島、オアフ島、モロカイ島、ラナイ島、マウイ島、ハワイ島、カホオラベエ島、オアフ島の主要8つの島で構成されています。中でも観光地として人気のオアフ島は、南東部の州都ホノルルと世界有数のリゾート地ワイキキが有名です。

ハワイとは

オアフ島の先住民はポリネシア人と言われていますが、多くの移住者が渡航し現在では多様な民族が生活をしている場所になります。
オアフ島はサウス ショアなどの海岸線沿いの低地に生活する人が多く、オアフ島の人口の約半分を占めています。当地が経済、行政などの中心都市になりワイキキリゾートエリアとして多くの旅行者が集まる都市にもなります。

ハワイでは農作物、IT産業と続き観光産業が大きな収入源になっているため、ワイキキのリゾート地にはホテルやコンドミニアムが林立しており、毎年この地には年間数百万人の観光客が訪れます。
日本からホノルル国際空港へは、7時間から10時間の間で移動でき、時差はマイナス19時間となっています。

ハワイの気候

ハワイの気候は亜熱帯性気候のため年間を通じて気温は高めですが、いくらハワイといえども乾季と雨季の影響も大きく生活に影響します
1月、2月・・・雨季の後半に入りスコールに遭うこともあります。気温は20度から30度前後を保ちます。年間降水量が比較的高い時期です。

  • 3月、4月・・・降水量が落ちてきますが、気温はまだ変わら冷え込みに備えて防寒対策が必要になります。
  • 5月、6月・・・気温は20度以上から30度に安定します。次第に乾季に近好き雨量が減少傾向になります。
  • 7月、8月・・・完全に乾季に入ります。日差しが強く年間で雨量の最も少ない時期であるため、観光客も増加傾向にあります。
  • 9月、10月・・・再び雨季へ入ります。台風の影響も懸念される時期です。
  • 11月、12月・・・年間で最も雨量の多い時期です。最低気温も20度を下回り、最高気温は30度を下回ります。

このようにオアフ島は亜熱帯性気候といえども、季節の影響を少なからずは受けます。旅行者は目的に合わせて渡航の時期を選んでいます。

ハワイ州オアフ島ワイキキの魅力とは何か?

多くの旅行者を惹きつけるワイキキの魅力について数点ご紹介します。

年間の気温差が少なく暖かい気温で過ごしやすい

ワイキキには雨季と乾季があり、降水量や台風の影響など多少の気候の変動はありますが、日本の気候と比較してもかなり温暖で過ごしやすいことが魅力の一つです。
日本の冬季にはマイナスの気温でも、ワイキキは10度以上を保っています。年末年始に芸能人がワイキキへ渡米する事情もよく理解できるのです。

ワイキキの魅力。ワイキキにはホテルやコンドミニアムを含めた宿泊先が充実している。

景色が美しいワイキキの海岸線に沿って立つホテルやコンドミニアムを選ぶことができることは、ハネムーン旅行者やカップルに人気で新婚旅行先のリゾートとして人気を誇っています。

大型のショッピングセンターが低地のリゾート地に点在しており徒歩やトロリーバスで簡単に遊びに行ける

DFSギャラリアを含め宿泊先のエリア周辺に揃っており、ホテルを拠点として短時間で移動と利用ができることがリゾート地として最大の魅力です。

マリンスポーツのアクティビティが充実している

各旅行会社が主催するツアーが多く、陸、海含めて様々なスポーツやイベントに参加でき何度渡航しても飽きることがないことが特徴です。

日本人が多い海外として有名で、英語に自信がなくても十分楽しむことができる。

ワイキキは日本人旅行者のリピート率が高く、英語が多少話せなくてもショッピングや観光が可能であるところが魅力的です。

 

以上6点ワイキキリゾートとして魅力的な点をあげてみました。個々で目的は異なるもののワイキキの気候に惹かれて渡航する日本人は数知れず、ハネムーン先のリゾート地としても定番になりました。

他のリゾート地と何が違うの?

観光客のリピーターが多いワイキキは他のリゾートとどう違うか、数点ご紹介します。

 ワイキキトロリーが充実している。

ワイキキビーチ沿いのリゾートエリアに各路線ごとにトロリーバスが走っています。どこへ行くにもトロリーバスが便利です。

ワイキキは移民による移住者が多く、日系人も多く住んでいるため日本人が訪れやすい傾向がある。

16世紀以降の政策により、世界各地からの移民が多く住んでいる土地であることが背景あります。

旅行会社やツアーが多い

大手旅行会社からハワイ専門まで総勢の旅行会社が取り扱い、商品も豊富であること。有名JTBはワイキキにデスクを保有しており、ハワイの老舗ファーストワイズも有名です。
ツアーの料金は数万円代から数十万円代と幅が広いことリピーターが出来やすい理由です。
海外旅行はJTB!Web限定商品など、海外ツアー検索・予約が可能!

気候が良い

日本の四季に比較して温暖な気候は過ごしやすいことがリピートにつながります。

ブランド品が買い求めやすい

アメリカ本土まで渡航することに比べると、リゾート地ワイキキが選ばれやすい。

ワイキキは旅行者の年代を選ばない

ファミリーからシルバーまで、幅広い年代層が訪れることができるリゾート地であることが理由です。
アクティビティ、ショッピング、ホテル篭りと楽しみ方は色々あります。

以上、6点ほどハワイ特化した点をあげました。多くの旅行者で賑わうワイキキは、親日的で過ごしやすいリゾートエリアです。

お勧めのワイキキスポット

ワイキキには観光名所がたくさんあります。そこで、家族層、カップルにお勧めのエリアをいくつかご紹介します。

カップルにお勧めの観光スポット 「ハナウマ ベイ」

ワイキキからシャトルバスで約1時間。ハナウマ湾教育センターで、自然保護の説明を受けてから入場するルールです。
映画「ブルー ハワイ」の舞台にもなった美しい海とシュノーケリングスポットを楽しむことができます。

ハナウマ湾(ハナウマベイ)の行き方・攻略法

ファミリー、カップルにお勧めの観光スポット DFSギャラリアワイキキ

ブランドものからバラマキ土産まで一度に揃う品揃えが魅力的な巨大マーケットです。エンターテイメント性もあり、1日回周りしても飽きません。

また、ファミリー、カップルにお勧めの観光スポットとして、カメハメハ大王像、フォスター植物園、ドールプランテーション、ダイヤモンドヘッド、カピオラニパークなど。

ハワイの観光名所は多く、紹介しきれないほどですが一般的に徒歩、トロリー、シャトルバスを利用して移動します。

Tギャラリア

まとめ

ハネムーンといえばハワイという時代も過ぎて、ハワイの人気はとどまるとこを知らず、リピート率が高いリゾートとして君臨しています。インフラが整備されていることもリゾートとしての価値を高めていますが、
気候の良さ、ホテルの魅力的、ビーチの美しさ、ショッピングセンターの充実、どれを取っても群を抜いたリゾートエリアです。

一度は訪れてみる価値のあるハワイ諸島は、まずはワイキキを訪れてみることをお勧めします。
壮大で美しい南太平洋の景色には圧巻されること間違いなしです。ぜひ一度は渡米してみるとリピートしたくなること間違いなしです。