黒ペンで愛用しているZEBRA【SARASA】の魅力

手紙の宛名を書いたり、メモを取ったり、いろいろなシーンで黒ペンを使うと思いますが、こだわりのペンはありますか?私の場合、とにかくZEBRAのSARASAを使います。これは種類で言うとジェルインクボールペンで、インクが水性のボールペンです。

どんな文房具屋さんへ行っても必ず置いてある商品ですから、一度は必ず見ていることでしょう。ボールペンには安いものからちょっと高いものまで、本当にピンキリの商品がありますが、SARASAシリーズは長く愛されているものの1つと言えると思います。ここではその魅力について語りたいと思います。

SARASAの魅力って何?

b5tuncpjw6s-octavio-fossatti

大きく分けると、その魅力は4つあります。

価格の安さ

1本100円くらいで手に入ります。高いものを長く使うというのも手ですが、こだわりすぎると1本3000円とかのレベルまで行ってしまいます。ボールペンはとにかく家でも仕事でもどんなシーンでも必要になるものなので、安くていつでも手に届くところにあってほしいですよね。私の場合は、SARASAを何本か買っておき、家用と職場用、持ち歩き用で持っておくことにしています。

その書きやすさ

ジェルインクボールペンが昔ながらの油性ボールペンと大きく違うところは、「かすれない」というところです。すらすらとなめらかに書き出せるうえに、絶対にかすれないので、大事なお手紙を書くときにも重宝します。油性ボールペンは耐水性が抜群ですが、粘度が高くて書き出しが重く、かすれやすいボールペンです。一方、ジェルインクボールペンは耐水性が良好でかすれもなく、何よりペン先にインク溜まり(ボテ)ができません。そのため書き出しで失敗する・いちいちペン先に溜まったボテを取ってから書くということをしなくて済みます。

 

最近では、エマルジョンインクというしっかり書ける油性とサラサラかける水性が合わさったインクも登場していますが、価格が300円台と割高なので…何本も持っておくにはちょっと抵抗があります。
書きやすさの観点からいくと、グリップも持ちやすいです。

まさに持ちやすいように型ができているタイプも世にはありますが、SARASAはそうではありません。しかしなんか持ちやすいのです。

よくよく感触を確かめてみると、ほんの少しだけグリップの真ん中部分が細くなっているんですね。そのため指を添わせたときにしっくりとくるのだと思います。本当に少しの違いですが、その少しの違いがまたあ~使いやすいな~と思わせるポイントです。

0.5という絶妙な芯の太さ

SARASAシリーズは0.5、0.7、1.0と太めのシリーズがそろっています。しかし、一番しっくりくるのが0.5です。太すぎず、細すぎず、年賀状の宛名を書くときにも絶妙にバランスがいいし、ちょっとメモをとりたいときでも濃くはっきりと、にじまない仕上がりになります。

私はとにかくこの0.5がお気に入りです。

一度、別のボールペンで極細タイプを使ったこともあるのですが、私は筆圧がけっこうあるほうなので、細すぎるとちょっと心もとないように感じられてしまいます。0.5だとはっきりと書けるし、ペン先が折れるんじゃないかという恐怖感もなく使用することができます。また、少しペン先を筆のように使ってみると、筆のような風合いも出てきますので、楷書でも行書でも、宛名を書くときなどにはもってこいです。

ノック式であるということ

ボールペンに多色タイプを求めるのであればちょっと話はかわってきますが、1色だけでいいとすれば断然ノック式でしょう。キャップ式なんて使いづらくて嫌になりますし、キャップを無くす恐れもあります。

多色ボールペンのようにサイドに引き下げるところがついているタイプは、どうもやりづらさを感じます。たまに失敗してペン先が出てきてないなんてことや、知らないうちにどこかに引っかかってペン先が収納されていた、なんこともあるのではないでしょうか。

その点、ノック式はとにかくわかりやすく、ペンを使うときも収納するときも先端を押すだけ、というこの動作のシンプルさが魅力的です。絶対間違えないし、気づいたら収納されていた、なんてことはまずありません。

もう少し機能性をあげたいときは

sghnxezeo-q-b-o-quan-nguy-n

ここまでSARASA0.5の魅力について語ってきましたが、確かに不自由なところもあるのです。

普通のSARASA0.5では、クリップ部分の根元がカーブしているのでノートやバインダーに挟み込ませてそのままにしておきたい、というときに不利です。なぜなら、カーブしている部分は圧力がかかりやすくクリップ折れを起こしてしまうことがあるからです。私は何かに挟んで置いておきたい!ということがないので困らないのですが、それをどうにかしたい!というときには、SARASAのクリップタイプがおすすめです。

クリップタイプは、厚みのあるボード等もしっかりと挟め、かつ折れにくい構造になっています。また、クリップタイプだと値段は100円くらいで変わらないのに種類がとにかく多彩で、芯の太さが0.3~1.0mmまで、カラーが全46色と、とにかくいろいろな色を使いたい人にはおすすめできます。

 

インクの残量が分かりにくくて…というのが気になる人には、SARASAスタディもあります。これはグリップ部分が透明になっていて、インク残量が分かるというものです。

なぜスタディという名前がついているかというと、大手の学習塾にいるプロの先生たちがおすすめしているものだからです。

インクがどれだけ減っているかがわかるので、どれだけ勉強をがんばったかというのが目で見てわかってモチベーションが上がると言われています。

最近では消せるボールペンが流行り、書いても消せるからきれいなノートに仕上がる…と言われたりしていますが、あえて消せないボールペンを使うことで、「間違えられない」という集中力が働いて学習効果が高まるそうです。受験生にはおすすめですね。

 

縦書きでお手紙を書いた時に、右利きの方だと次の行をすぐ書き始めるとインクがすれてしまって…ということもあるでしょう。それがどうしても嫌だという人なら、SARASAドライがおすすめです。

これは書き終わると本当にすぐ乾きますので、せっかく書いた文章が台無しになることがありません。ただ値段が150円くらいになってしまうので、そこは自分のお財布事情とよく相談して購入を検討してくださいね。

最後に

SARASAボールペンシリーズの魅力について語ってきましたが、やっぱり一番はノーマルなSARASAの0.5mmでしょうね。この無駄のないスタイリッシュさ、1色だけというシンプルさ、書き心地の良さ、書き終わった字の見た目の良さ…ボールペンもどんどん多機能になり、見た目も変わってきているにも関わらず、不動の人気を誇るこのSARASA0.5のペンは、それなりの理由があります。

結局、「ボールペンにそこまで多機能を求めてない」っていう人もいるのです。気軽に、使いやすいものが一番いいのですから。安いのにこれだけ書きやすかったら、もうSARASAを使うしかないと思います。目上の方への手紙や年賀状でも、家でのメモにも、どのシーンでも活躍できるボールペンです。