顔や身体、赤ちゃんにも使える皮膚の万能薬「尊馬油」の魅力とは

美容系のアイテムで昔から根強い人気の「馬油」。最近ではシャンプーや洗顔料にも馬油が使われている商品をよく見かけますよね。非常に保湿力に優れ、肌に優しいこの馬油の中でも、特におすすめしたいのが「尊馬油」です。

そもそも馬油とは、文字通り馬の脂肪を原料として作られた動物性油脂で、人間の皮脂と非常によく似た性質を持っており、保湿力・浸透性に優れているので、皮膚の健康を維持する目的で古くから重宝されてきました。
馬油と尊馬油の違いについてですが、尊馬油とは株式会社薬師堂が出している馬油の商品名で、成分は馬油100%。余計なものは何も入っていないので、肌の弱い方や赤ちゃんにも安心して使って頂けます。

ドラッグストアに行くと、「馬油」と書かれた商品を多く見かけるかと思いますが、それら全てが馬油100%という訳ではなく、添加物が使われていたりするので、私はこの馬油100%で作られた薬師堂の尊馬油が一番気に入っています。今回はこの尊馬油についての効果や、使い方などを紹介していきたいと思います。

尊馬油の良い所は?

昔から火傷や皮膚のトラブルに良いとされてきた馬油ですが、実は馬油には医薬品のような効果があるとは認められておらず、即効性や効能に優れた治療薬という訳ではありません。

しかし、特に肌を“保護”する効果が非常に高い為、日々のスキンケアには持って来いのアイテムです。

保湿力があるので乾燥対策にうってつけ

馬油は油ですので、皮膚の表面に薄い膜を張ったような効果が得られ、肌の水分を逃がさないので保湿力に優れています。ベタつくかと思いきや浸透性が高いので、スッと肌に馴染み、皮膚を保護します。乾燥する季節は普段から馬油を塗っておくと、肌をしっとりと保ってくれますよ。

身体は勿論、顔・髪・爪など、どこにでも使える

馬油の良い所は、基本身体中どこにでも使えるという点です。子育て中の女性でしたら、身体についたボディクリームなんかが赤ちゃんの口に入っては大変ですが、尊馬油は純粋な馬の油だけで出来ているので安心です。赤ちゃんの保湿や、おむつのかぶれ予防にも効果的なので、親子で一緒に使って頂けます。

肌に優しいので、敏感肌やアトピーの人でも安心

赤ちゃんの肌にも使えるくらいなので、刺激は全くと言っていいほどありません。私は化粧水やクリームをつけると、すぐ痒くなったりかぶれたりするのですが、スキンケアを馬油に変えてから肌のトラブルで悩まされることはなくなりました。低刺激な化粧水を使ったりもしましたがやはりすぐ肌荒れするので、スキンケアは朝の洗顔後とお風呂上がりの馬油だけです。この方法に変えてから肌の透明感も増し、すっぴんでも肌綺麗と褒められる事が多くなったのでとても気に入っています。

コストパフォーマンスが良い

馬油は一度購入すると、数ヶ月は持つので非常にコスパが良いです。そして全身どこでも使えるので、スキンケアにかける費用が格段に減りました。ネットでも1300円位で購入出来るので、お肌にもお財布にも優しいですね。

尊馬油を使う上での注意点

保管場所に気を付ける

尊馬油は安定剤などを一切使用していませんので、保管方法には注意が必要です。30℃を超えるような暑い場所では尊馬油が溶けてドロドロとした液状になってしまい、酸化して油臭さが出てきます。逆に冬の寒い時期では、白く固まってしまい使いにくくなることがあります。どちらも品質の劣化という訳ではないので、冷蔵庫で冷やしたり、少し温めたりしてまた使うことができます。
溶けたり固まったりしてしまうのが嫌という場合は、尊馬油液状特製という液体タイプの物もありますので、自分の好きな使用感の物を選ぶと良いでしょう。

お化粧の直前には使わない

馬油は浸透性が高いので、馬油をつけた後に化粧水などをつけると吸収が良くなります。ですので、馬油をつけてすぐの肌にファンデーションなどを塗ってしまうと、そのメイク用品の成分がダイレクトに肌に浸透してしまう恐れがありますので、馬油をつけてから5~6分おいてからメイクをすると良いようです。こうすることによってお化粧のもちもアップするのだとか。

尊馬油のおすすめの使い方

洗顔後の肌に塗布

私は朝の洗顔後と入浴後、濡れた肌に直接尊馬油を塗っています。水と油なので、しっかりと水を拭いてから塗った方がいいのではと思うかもしれませんが、びっくりするほどすぐ肌に馴染んでくれます。特にお風呂上りなんかは肌に水分をそのまま閉じ込めたようなもちもち感がずっと続きます。

クレンジングに

馬油はメイクを落とす時にも使えます。クレンジングは毎日行うものですから、なるべく肌に負担をかけたくありませんよね。馬油を少し多めに取ってくるくると馴染ませ、洗顔すると、肌に優しくメイクを落とすことが出来ます。保湿もされて一石二鳥です!

入浴中に尊馬油パック

湯船に浸かっている間、顔に尊馬油を多めに塗り、パックをします。私はお風呂から上がるとすぐ顔が乾燥してパキパキになってしまうのですが、尊馬油でパックをした後はしっかり洗い流して出ても朝までずっと肌がふっくらしています。油で滑りが良いので、そのままフェイスマッサージや、身体のリンパを流したりと、マッサージオイルとしても優秀です。時間がある日はいつもお風呂でパックとマッサージを行っています。

頭皮や髪の毛に使ってヘアケア

シャンプーをする前に馬油を手に取り、頭皮をマッサージしながら髪全体に馴染ませていきます。摩擦を起こさないようにゆっくりと優しく行って下さい。全体に行き渡った後はシャンプーし、洗い流して完了です。タオルドライした後も傷みやすい毛先に馬油を付けてから乾かすとパサついた髪もしっとり潤います。

まつ毛に塗って育毛効果

女性にとって長いまつ毛は憧れですよね。この馬油はまつ毛育毛にも効果があります。よくまつ毛美容液などが売られていますが、マスカラのブラシのようなタイプが多く、なかなか根元に塗れなかったり目に入ってしまったりすることがあります。その点馬油は指にとって根元に直接塗布出来ますし、万が一目に入ってしまっても大丈夫なので安心ですね。

お腹に塗って妊娠線の予防

妊婦さんが気になるのが妊娠線ですよね。尊馬油は、そんな妊娠線の予防にも効果があります。無添加ですので妊婦さんでも安心して使うことができますよ。

擦り傷、切り傷、火傷などの怪我に

皮膚の万能薬と言われる馬油。怪我をした時にも勿論頼りになります。擦り傷や切り傷を始め、火傷や湿疹などの様々なトラブルの味方になってくれます。治療薬と違って有効成分が入っている訳ではありませんが、症状や場所を選ばず幅広く使えるので、一つ持っておくととても便利です。

良い事だらけの尊馬油で健康的な肌を手に入れよう!

このように尊馬油は大人から子どもまで、どこにでも使えるスキンケア用品です。何千円もする高い化粧品を使わなくとも、これ一本でしっとりふっくらとしたお肌に保ってくれます。使用感もよく、肌のコンディションに関係なく使えるので、毎日のスキンケアにはぴったりですね。オイルにもたくさん種類がありますが、色々使った結果私にはこの尊馬油が一番合っていました。とても万能なこの尊馬油で、健康的なお肌を手に入れてみてはいかがでしょうか?