お酒のイメージが変わる!白ワインのような日本酒『No.6』

『No.6』とはどんなお酒?

no-6 no-62

蔵元が生んだ酵母を使用

日本酒の味は、原料となる米と水、酵母によって造り出されます。
『No.6』は秋田県秋田市にある、嘉永5年(1852年)創業の歴史ある酒蔵、新政(あらまさ)酒造で造られています。その酒蔵は、No.6に使用されている酵母『協会6号酵母』を生み出した蔵でもあるのです。
協会酵母とは、日本酒造協会が全国の酒蔵に提供している酵母の事で、種類によって発酵力や香りにそれぞれ特徴があります。
協会6号酵母(別名:新政酵母)は、発酵力があり、香りは穏やかで澄んでいて、ふくよかで丸みのあるフルーティーな味わいになると言われています。

この酵母の働きによって生み出された、ワインのような華やかな果実香のあるおいしい日本酒がNo.6なのです。

新政酒造とはどんな会社?

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-17-16-11-52

日本の酒造りの歴史において、寒冷地方での酒酵母の発酵は難しく、主に西日本を中心に発展してきましたが、低温でも発酵を完遂する酵母を発見した新政酒造は、以後、寒い東北の酒造りを牽引してきた酒蔵です。

現在は8代目の佐藤祐輔氏がその味を引き継いでいます。彼は、1974年生まれで蔵元当主としては若く、明治大学商学部から東京大学部文学部を卒業し、ライターや編集者として活躍後、実家である醸造の世界へと戻った異色の経歴の持ち主です。
彼が作り出す日本酒は伝統的でありながらも常にクリエイティブで、醸造界のニューリーダーと期待されています。

そして新政酒造の商品は、全国でも有数の米どころとして有名な、地元秋田産の酒造好適米を使用し、仕込水は雄物川伏流水である軟水が使われています。
このように、おいしい米と水、酵母が醸しだす若き蔵人の日本酒は、全国新酒鑑評会でも高い評価を受けています。

全国新酒鑑評会で金賞受賞

全国新酒鑑評会とは、明治44年(1911年)から始まった、全国規模の新酒鑑評会で、独立行政法人酒類総合研究所と、日本酒造組合中央会で行われており、毎年数多くの銘柄が出品されています。
その由緒ある鑑評会において、新政酒造は幾度も金賞を受賞しています。

他の日本酒と何が違う?

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-17-16-13-49

新政

手間と時間をかけた生酛造り

No.6は、アルコールを育てる「酛(もと)」と呼ばれる酒母を培養する際に、作られた乳酸ではなく、天然の乳酸を利用するやり方の『生酛造り』という手法を取り入れています。
この生酛造りは、通常よりも倍以上の手間と時間がかかる上に、安定した環境を整えるのが難しいとされています。
その分、味わいはとても豊かで濃淳となり、酒蔵の個性が光ります。

鮮度が命

本酒は、通常もろみ(米、麹、水を発酵させた後の粥状のもの)を絞った後と、貯蔵、瓶詰めの前に、殺菌をする「火入れ」という工程を行いますが、No.6は、新鮮な発酵香を活かすために、火入れをせずに瓶詰めします。
つまり、無殺菌の状態でも酵素が失われないためには、低温での貯蔵管理体制が必要となるわけです。
これだけデリケートな生酒ですから、開栓後は酸化に気をつけないとせっかくの味わいが変わってしまいます。そこで、新政酒造ではほとんどの商品を飲みきりやすいサイズの4号瓶で提供しています。

精米歩合に応じて3タイプ

No.6シリーズは、精米歩合によって3つのタイプがあります。
『X-type(エックスタイプ)』(2,480円/720ml)
精米歩合が40%と、掛米をとことん磨き上げた大吟醸クラスです。シリーズの中でも最も華やかで芳醇な味わいです。
『S-type(エスタイプ』(1,700円/720ml)
ふくよかさとキレのバランスが絶妙な、吟醸酒クラスの精米歩合で、こちらも新政酒造の個性を十分に味わえます。
『R-type(アールタイプ)』(1,360円/720ml)
6号酵母の味わいを気軽に味わえる、定番のクラスです。食事と合わせても、そのままでも飲み飽きない商品です。

オシャレなボトル

no-63 no-64
No.6は、味わいがワインのようであるだけでなく、そのボトルデザインも、まるでワインボトルのようです。
酒屋さんでズラリ並んだ日本酒瓶の中で、ボトル中央に書かれた『6』の文字が目を引く高級感あるデザインで、思わずワイングラスに注いで見たくなる、そんな雰囲気を漂わせます。
実際にワイングラスで飲んだ方が、冷酒グラスやお猪口よりも、より華やかでモダンな香りを楽しむ事ができます。

どこで購入できる?

これだけ手間暇かけた日本酒は、生産量も必然的に少なく、それが全国へ販売されるとなると、かなり希少価値が上がってしまいます。
インターネットから購入する事もできますが、希少価値が反映された価格になってしまいますし、蔵元が精魂込めて醸したお酒を美味しい状態で飲むためには、品質管理がしっかりとした正規価格で販売している特約店で購入したいものです。

取扱店(一部)

佐金酒店(秋田県北秋田市)
泉屋(福島県郡山市)
升新商店(東京都豊島区)
かき沼(東京都足立区)
よしのや(埼玉県富士見市)
池田商店(茨城県結城市)
吉祥(神奈川県横浜市、相模原市、川崎市)
酒蔵なかやま(大阪府大阪市)
酒の阿波屋(福岡県北九州市)

直接店舗に出向いても、お一人様一本限りの購入制限があったり、売り切れていたりする可能性が高いので、事前に問い合わせする事をおすすめします。

他にもある!白ワインのような日本酒

No.6がなかなか手に入らないのなら、他にもオススメの日本酒がいくつかあります。これらも、フルーティーで芳醇な味わいがまるでワインのような飲み口です。

『穏(おだやか)白麹仕込み 純米吟醸生』

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-17-16-17-25

秋田と同じく米どころである福島県郡山市にある酒蔵、仁井田(にいだ)本家で作られている『穏』シリーズです。
こちらの蔵元では、自然米100%、天然水100%、純米100%の酒造りをコンセプトとしていて、自社の水田で無農薬、無化学肥料にこだわった米作りをしています。
その中でも、『穏 白麹仕込み 純米吟醸生』は、白麹が造り出すクエン酸の力のみを利用しており、人工的な醸造用乳酸を使用せずに、本仕込みにおいても白麹を使いドライでシャープな飲み口の中にも、米の旨みと甘みが広がる新しい味わいのお酒です。
この日本酒のボトルも、お猪口よりワイングラスが似合うデザインで、日本酒をあまり飲まない方でも、買ってみようかな?という気分にさせてくれます。

『黒田庄に生まれて』

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-17-16-17-58

KUHEIJI

愛知県名古屋市にある萬乗醸造という由緒ある酒蔵で造られている日本酒で、先祖代々の当主が「九平次」を名乗っており、その主要銘柄は「醸し人九平次」といい、『黒田庄に生まれて』もそのラインナップの1つです。
現在の15代目当主である久野九平次さんもまた若き蔵人で、日本酒の魅力を発信すべくフランスへ渡り、外国人にも受け入れられる白ワインのような味わいの日本酒を追求してきました。
『黒田庄に生まれて』は、純米大吟醸ならではのフルーティーな香りの中に、お米の持つ豊かな旨み感じられ、そのバランスが絶妙で、フランス料理にも合うまさにワインの様なお酒です。
ボトルに貼られたラベルには「35.037,135.024」と数字だけ書かれており、これはこのお酒に使用したお米を作っている田んぼの緯度と経度を表しています。そのデザインは、なんともオシャレで、これもまたワイングラスが似合う日本酒です。

最後に

日本酒と言えば、「お酒臭い」「悪酔いする」などのイメージが強かったのですが、今回紹介したNo.6をはじめとした、白ワインに近い味の日本酒に出会ってからは、印象が180度変わりました。
まだ美味しい日本酒を飲んだ事がない方、飲まず嫌いの方、日本酒よりもワインが好きという方にも是非試していただきたいと思います。きっとワイングラスで飲みたくなるはずです。