大好きな卵料理を紹介〜厳選7品〜

卵が大好きな私は、とにかく卵料理にこだわりがたくさんあります。

大好きな卵料理〜厳選7品〜

卵かけご飯

tamagokakegohann

まずは王道の一品です。卵と白い熱々のご飯があればあとは何もいりません。他のものは邪道です。とはいえ、最近卵が本当に高い!よくスーパーの安売りで99円で売られている時がありますが、あれMサイズやLサイズのものがほとんどなんですよね。あるいは、サイズが書かれていない混合タイプがあります。

そんな卵の高騰の中、私が唯一120円近くを出してまで卵を買い続けているスーパーがあります。毎週日曜日になると必ず値下げしてくれるのですが、数々のスーパーの卵を食べ比べてきましたが、ここのスーパーの卵が最高に美味しいんです。卵かけご飯は、他に余計な物がない分、卵の味がかなり重要です。サイズはLLで味も他とは比べものにならないくらい美味しいんです。そして、卵かけご飯のポイントは醤油の量にかかってくるんです(笑)かけすぎには要注意で、少なすぎると卵感が強くなりすぎてしまうので、絶妙なさじ加減が重要になります。卵の主張が強すぎないように気をつけたいところです。

卵とじ料理

niratmama

これ、本当は「ニラ玉」って書きたかったんですが、最近の野菜の高騰でニラが高すぎて手が出ません。専業主婦なので、とにかく安く家計に優しい食材を求めているのですが、スーパーでにらめっこしながら考えついたのが豆苗です。ニラもほうれん草も緑の野菜がほとんど高いこのご時世、唯一値段が上がらずに頑張ってくれているのが「豆苗」です。

それまで豆苗とは無縁で、正直食べたこともなければ、食べたいと思う食材ではありません。ですが、ついに先日豆苗を初購入しました!そして卵でとじてみたら、、美味しい!ニラ玉とはまた違い、豆苗は少し苦味がありましたが、それがまたいいアクセントになっていてクセになる味です。もうかれこれ今月だけでも3回は食べちゃいました(笑)ぜひ一度お試ししていただきたいです。

目玉焼き

medamayaki

これも王道ではありますが(笑)私も好きですが、私以上に好きなのが娘です。まだ1歳なんですが、初めて目玉焼きを食べた時のあの美味しそうな顔は今でもはっきり覚えています。1歳ということもあり、まだ卵をたくさん与えすぎるのも抵抗があるので、いつも量は少なくしていますが、あっという間にペロッと完食してしまうので正直母親ながら驚きます。

確かに目玉焼きは私も大好きなので、極端な話、目玉焼きがおかずで白米いけちゃいます(笑)絶妙な半熟具合にするのがポイントではありますが、娘の分はしっかりと火を通して黄身の部分も固めにします。そのためか最近は半熟以外の固めの目玉焼きの美味しさにも目覚めてきました。ちょっと目玉焼きの下の部分がカリッとなるくらいまで火を通すのも美味しさの秘訣です(笑)年齢的に娘は卵アレルギーなどの心配もまだあるので、様子を見ながらこれからも目玉焼きを堪能したいと思います。

キッシュ

kisshu

本当に大好きな一品です。ホームパーティーがある時は必ずと言っていいほど作ります。今まで色々なキッシュを作ってきましたが、やっぱりほうれん草とベーコンのキッシュに敵うものはありません。生クリームを入れると尚更美味しさがアップするので生クリームは必須です。去年のクリスマスパーティーでもキッシュを作り、家族には大好評でした。

もともとキッシュが大好きな私ですが、普段はあまり食べません。パーティーや大人数が集まる時に大皿に作って、みんなでワイワイ取り分けながら食べるのが楽しみでもあります。なかなか普段から食べられないということもあり、尚更キッシュが大好きなので時々食べる美味しさがまた作る喜びにもつながります。娘も美味しそうに何度も口に運んでくれるので、それだけで嬉しい気持ちになります。来週は我が家でお誕生日会があるので、キッシュの出番かな〜なんて密かに考えています。もちろんクリスマスパーティーもキッシュを作る予定でいます。

煮玉子

nitamago

これ、私の旦那さんの大好物です(笑)私も好きですが。つい最近も賞味期限間近の卵が1パック残っていて、全部煮玉子にしちゃいました。本来はめんつゆに漬けるだけにするのですが、なんとめんつゆを切らしていたので醤油とみりんで味付けをしました。これがめんつゆに劣らず本当に美味しいんです!

卵の色が濃くなった時は、さすがに味が染みすぎたかな〜と不安になりましたが心配ご無用!味も程よく染みていて、我ながら美味しく作れたので万々歳です。もちろん旦那さんからは好評で今回もたくさん食べてくれました。煮玉子のいいところは、余ったら翌日のお弁当のおかずにも変身してくれることです。お弁当のちょっとした隙間を埋めるのにも煮玉子はオススメです。さらに余った時は、ラーメンに入れたりと多方で活用できるので主婦にとってもありがたい食材です。

オムライス

omuraisu

ようやく料理っぽいのが登場です。卵料理の中でもオムライスは立派な洋食です。私自身、あまり洋食は作りません。というより、作れません(笑)オムライスやハンバーグなどは作れたとしても、洋食屋さんで出てくるような手の込んだ料理は全く作れないので、いつも和食に偏ってしまいます。そんな和食好きな私でも、オムライスは大好物です。キレイに卵が巻けた時が一番嬉しいです。

卵にマヨネーズを少しだけ入れると、どんな料理にもふんわり仕上がってくれるのと一緒で、バターで卵を巻くと結構上手に巻けるんです!以前、まだ旦那さんとお付き合いをしている時にお誕生日にお弁当を作ったことがあったのですが、その時もまさにオムライス弁当にしました。チキンライスも作り、最後お弁当に詰めた状態で卵をキレイに見栄え良く整えます。仕上げに星型の型抜きで真ん中をくり抜き、ケチャップを星型サイズに入れてあげます。サプライズ成功、当時旦那さんは喜んでくれましたよ。

今はもう結婚もして子どももいるので、もうやりません(笑)結構手間がかかってしまうので、やる気スイッチオンの状態の時に作ることをオススメします。旦那さんや彼氏にというよりは、子どものお弁当にはもってこいだと思います。見栄えもキレイですし、何よりも見た目が可愛いので、きっと喜んで食べてくれると思います。娘はまだ1歳なので、今後幼稚園に通うことになった時は、必ず作りたいと思います。喜んで食べてくれるといいな〜。

卵巾着

abra193005456_tp_v

和食を代表する卵料理でもある上に、全く材料がかからないのがとても嬉しい一品です。なおかつ味も美味しいので大好きです。なかなか巾着部分の油揚げが上手に開いてくれないことがしばしば、、、熱湯を上からかけて、パン作りをする時によく使う伸ばし棒などでコロコロしてあげると結構上手に開けたりします。実際、油揚げによって当たり外れがあるのも事実ですが、開いたところに卵を割り落とせば工程は終了です!あとは煮るだけなので、作り方も本当にシンプルです。

我が家でも毎月卵を消費したいな〜という時はたくさん作ります。ただ煮玉子やゆで卵として食べるとなかなかお腹に入らないのが、巾着にしてしまうことでペロッと丸々1つ食べれてしまいます。気付くと結構食べてしまっている自分に食べ終わってから驚かされます(笑)とはいえ、最近卵巾着が食卓にご無沙汰だったので、近々早速作って食べたいです。

我が家は私も旦那さんも娘もみんな卵が大好物です。このまま娘が卵アレルギーにならないことを祈りつつ、美味しい卵料理を模索し続けたいと思います!!