コーヒーの淹れ方各種とネルドリップで淹れるコーヒーの魅力

私は、ネルドリップで淹れるコーヒーが好きです。豆をひいてから、ドリップします。そもそもコーヒーにはインスタントコーヒーとレギュラーコーヒーがあります。インスタントコーヒーは、顆粒状になったものにお湯を注ぐだけで出来上がるコーヒーです。レギュラーコーヒーは、豆の粉をドリップして淹れるコーヒーです。ネルドリップができるのは、レギュラーコーヒーの方です。

インスタントコーヒーは自分では買わないので、飲むとすれば友人の家でいただくときです。インスタントコーヒーは独特の風味がして、別にそれは嫌いではありません。そういうものとしておいしく飲んでいます。ただ自分の家でコーヒーを飲むときは、たいていくつろぎたい時なので、雰囲気を出すために豆からコーヒーを入れるのが好きなのです。
味もやっぱり違うのですが、どちらかというと、コーヒーを飲む雰囲気とか過程を楽しみたいのです。

コーヒーの淹れ方各種

ペーパードリップ

paperdrip

たぶん一般的にはペーパードリップが多いと思います。カリタとかメリタとか、いくつかのメーカーがドリップする器機を出しています。容器に紙をセットして、コーヒー粉をそこに入れてからお湯を注いで淹れるものです。
最近は、インスタントのように簡単に淹れられる、紙でできた容器とコーヒー粉がセットされて、カップに備え付けてお湯を注ぐだけの便利なものもあります。これだと、陶器でできたドリッパーとペーパーフィルターを買わずにすむので、便利です。ちょっとレギュラーコーヒーを試してみたいという方にはとてもいいと思います。ペーパーフィルターも100枚入りとかで売っているので、今回だけコーヒーを淹れたいという場合には、余ってしまってもったいないからです。
ドリッパーも、最新のものは円錐形の、おしゃれなものが出ています。当然フィルターもそれ専用のものをそろえます。これだと、いままでの台形のものよりもドリップがきれいにできて、コーヒーがよりおいしくはいります。

サイフォン

saifon

サイフォンというガラス製の、特殊な機材を使います。ガラスの丸い器に入ったお湯を、下からアルコールランプで温めて、丸いガラスのさらに上にあるビーカーのようなものにお湯を押し上げて、コーヒーを抽出する淹れ方です。
これは、淹れてるときの感覚としては、ものすごくおしゃれです。とてもワクワクします。
お湯がぼこぼこいう音や、香りが、なんとも言えず、あー、コーヒーを淹れているんだなと、妙な満足感があるのです。そして味もとてもおいしくはいります。同じコーヒー豆からでも、淹れ方でこんなにかわるのかと驚くくらい、おいしくはいります。
ただし、いいことばかりではありません。準備と片付けが面倒なのです。ヤカンでお湯を沸かしてからガラスに移し替えるので、二度手間です。アルコールランプも準備がいります。燃料になるアルコールは、揮発するので入れっぱなしにしておくと揮発してしまい、翌日使おうと思ったら燃料が空になっているということがあるのです。だから毎回、アルコールを元入っていた容器に戻さないといけないのです。片付けはそれに加えてサイフォンの部品が多いので、洗うのが大変なのと、薄いガラスでできているため、割らないように結構気を使います。焦ってすると割ってしまうので、余裕のある時限定のものだと思っています。

エッソプレッソ

dscf9095-edit_tp_v

フランス風の、濃いコーヒーです。専用の機材があって、細引きで深入りの豆がよく合う淹れ方だと思います。たくさんの量を一度に飲むと、胃をやられますので、ほどほどに飲んだ方がいいと思います。私は、機材は持っていて使ったこともあるのですが、上手に淹れられたことがありません。なぜか粉っぽい変な味になってしまうので、自分ではもう使いません。飲むならばショップで注文します。

ネルドリップ

nerudrup

これは、ネルという起毛した布で円錐形の形を作って、コーヒーを抽出する淹れ方です。ネルは、和食の時も料理につかうので、何かを漉すのに適したものなんだと思います。
私はこのネルドリップが気に入っています。淹れ方の手順はペーパードリップとほぼ同じです。
フィルターがペーパーかネルかの違いだけだと思うのですが、味が違うんです。ペーパードリップと比べて、雑味がないのと、香りがよりよくなります。それに扱いもそんなに大変ではありません。使った後のネルを。洗ったあと乾燥しないように水につけて冷蔵庫にしまっておくだけです。使うときに冷蔵庫から出して軽く洗うだけで次回も使えます。
おいしさと、手軽さの両方があるということで、ネルドリップが気に入っています。長く続けるには、どんなにおいしくても面倒なものだとしなくなってしまうので、手軽さは重要な要素だと思っています。

ネルの取り換え

ネルでドリップすると、当然使い捨てではないので、長らく使っていると色がコーヒーで染まるのと、布の目が細かいコーヒーかすでつまってきます。気になったら新しいものと交換します。市販されているので、取り換えるだけです。使い始めだけ、ネルのフィルターを数分お湯でぐたぐた煮て、のり成分を除去します。

毎日コーヒーを淹れるわけではないけれど、それなりにコーヒーを楽しみたいなら、個人的にはネルドリップが一番いいのではないかと思います。味がおいしいのと、手入れが比較的簡単だからです。ペーパードリップならば、円錐形のものがいいかなと思います。これはもうその人の好みの話になるので、あくまで個人的な私の好みです。

以前は台形のペーパードリップで淹れていたのですが、どうしても穴から出るお湯の量のバランスが、上手に扱えなかったのです。きっと不器用なんだと思います。でもそんな私でも、ネルドリップなら上手にコーヒーを淹れることができています。

コーヒー豆か粉か

ck20160626595413_tp_v

私は断然コーヒー豆を買って、淹れる直前に自分で粉に挽くことがいいと思っています。粉で売られているものは、淹れた時に香りが少ないような気がするのです。それでも新しいものだとだいぶ香りもいいですが、やっぱり豆から自分で挽いたものよりは香りが少ないです。

忙しい時やなんとなく面倒なときは、粉のコーヒーも使います。いつでも完璧を目指しているわけではないので、その時の状況によってはいろいろ変えてみています。ちなみに、コーヒー豆の種類、例えばブルーマウンテンとかブラジルとかコロンビアとか、そういうものはなんでもいいです。味が違うのはわかるのですが、個人的にはどれでもそれなりにおいしいので、こだわりません。

まとめ

結局のところ、私にとってコーヒーは、気分転換の材料です。これを商売にしているわけではなので、強いこだわりは持っていません。おいしく飲めて、コーヒーの時間を楽しむことができればそれで満足なんです。今はネルドリップが気に入っていますが、来年になったら違う淹れ方を気に入っているかもしれません。淹れ方はなんにしても、おいしいコーヒーを飲めさえすればそれでいいのです。
普段はネルドリップでコーヒーを入れていますが、面倒だからという理由であまり使わないサイフォンも、時々は使って楽しんでいます。ペーパードリップも、時間がない時には利用しています。そんな適当でいいのだと自分で思っています。せっかくくつろぐためにコーヒーを飲んでいるので、そこでストレスを感じてしまっては元も子もなくなります。適度にこだわって、これからもずっとコーヒーを楽しんで行きたいと思っています。